活動再開が見えてきたピエール瀧、執行猶予期間中が一番危ない?

2019/04/14 06:00

ピエール瀧

 コカイン使用容疑で逮捕起訴された電気グルーヴのピエール瀧が保釈された。現在は薬物治療の専門施設に入院しながら、今後裁判へと進む。早ければ1~2カ月ほどで判決まで進み、執行猶予付きの有罪判決が出る公算だ。

 執行猶予期間中は、海外旅行に際して渡航国から入国を拒否される可能性はあるものの、日常生活を送る分には特に制限はない。社会復帰が奨励されるため、芸能活動も行って良い。ただ、薬物犯罪に関しては執行猶予期間中がもっとも注意が必要ともいわれている。

「ミュージシャンの岡村靖幸は2003年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、懲役2年執行猶予3年の有罪判決を受けています。ただ、このときは逮捕の事実は公表されませんでした。しかし執行猶予期間中の05年に再び覚せい剤使用で逮捕され、今度は懲役1年半の実刑判決を受けています。岡村は08年にも同じ容疑で逮捕され二度目の服役をしています。薬物の誘惑を断ち切るのは難しいといえるでしょう」(業界関係者)

 さらに、薬物で逮捕された著名人には売人の方から近づいてくるパターンもある。

「覚せい剤で数度の逮捕歴がある元タレントの田代まさしは、一度目の懲役から戻ってきたのち2年半ほど薬物を断ち芸能活動を再開していました。ところがあるイベントで、売人が現れ『お気持ちお察しします』と手渡されたのが覚せい剤の現物と電話番号だったようです。『試しに一回だけ』と再び手を染めてしまったようですね。有名人である分、誘惑は全方位からやってくるといえるでしょう」(同)

 さらに薬物は周囲の人間関係を通しても入ってくる。実際に今回の事件では瀧被告の長年の友人である女性が「売人」として逮捕起訴されている。こうした誘惑を断ち切るには完全に生活環境や人間関係をリセットするしかないのだが、芸能界や音楽業界への復帰を目指す場合には難しい舵取りを迫られそうだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/04/14 06:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む