日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『モヤさま』三村の“標的”後任は?

『モヤさま』福田典子アナ卒業! 三村マサカズの“セクハラ標的”後任は誰に?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

『モヤさま』福田典子アナ卒業! 三村マサカズのセクハラ標的後任は誰に?の画像1
テレビ東京系『モヤモヤさまぁ~ず2』番組公式サイトより

 テレビ東京の人気番組『モヤモヤさまぁ~ず2』の3代目アシスタントの福田典子アナウンサーが、4月14日の放送で番組からの卒業を発表した。

“さまぁ~ずの2人とアシスタントが街をぶらぶら歩く”という単純な番組ながら、すでに放送12年目を迎えた『モヤさま』。福田アナの卒業は唐突に発表された。伊豆・修善寺周辺を旅した同回で、オリジナルTシャツを作れる店を訪ねた福田アナはTシャツを発注。エンディングで「モヤさまは来週お休みです」と書かれたTシャツを見せ、それで終わりかと思いきや、もう1枚「福田典子はモヤさまを卒業します」というTシャツを見せ、さまぁ~ずの2人を驚かせた。キー局の関係者が語る。

「福田アナは、福岡の放送局からテレビ東京に中途入社した異例の経歴の持ち主で、入社してすぐに『モヤさま』に大抜擢されましたが、結論から言えば番組にハマらなかったですね。初代アシスタントの大江麻理子は、『モヤさま』がきっかけで女子アナ界きっての人気アナになりましたし、2代目の狩野恵里アナは破天荒なキャラで、番組に新たな風を吹き込みました。しかし福田アナは良くも悪くもマジメで、面白い画が撮れずにカットされることも多く、前任の2人のように、人気女子アナランキングにも入りませんでしたから、卒業は仕方のない措置でしょう」(キー局関係者)

 こうなると気になるのは「後任は誰か?」ということ。新アシスタントにかけられる期待は大きいが、女子アナ事情に詳しい週刊誌記者はこう語る。

「これまでのアシスタントは、すべて初登場時に20代でしたし、2代目の狩野が初登場時に『38歳?』『子持ち?』などとイジられたことも考えると、次も20代でしょう。となると候補は鷲見玲奈、片淵茜、西野志海、角谷暁子、竹崎由佳、さらに今春入社の3人を加えた8人しかいません。新人を除き、スケジュールに一番余裕がありそうなのは、3月に夕方の帯番組が終わった竹崎で、彼女が本命です。ただ、数字を狙うなら適任なのは鷲見です。鷲見は推定Gカップともいわれるナイスボディで知られ、2017年には漫画誌の表紙とグラビアを担当したこともあります。これまでもセクハラまがいのことを繰り返してきた三村マサカズなら、大喜び間違いなしです。裏番組が強い時間帯ですから、そのぐらいのカンフル剤は必要でしょう」(週刊誌記者)

 ただし福田アナは即卒業するわけでなく、まだ5~6回はロケが行われるとのこと。あくまでもさまぁ~ずの番組とはいえ、アシスタントの出来次第では一気にファンを失いかねないだけに、テレ東がどんな人材を起用してくるのか、興味は尽きないところだ。

最終更新:2019/04/17 12:00

『モヤさま』福田典子アナ卒業! 三村マサカズの“セクハラ標的”後任は誰に?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真