日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 山下智久が台湾で英雄に!?

山下智久が台湾で英雄に!? “独立派”議員が勝手にポスターに起用

文=青山大樹

選挙ポスターに勝手に利用されてしまった山P

 先日お伝えした通り、バラエティ番組内での「台湾独立国」発言(参照記事)が原因で、中国人から猛バッシングを受けている山下智久だが、一方の台湾では大歓迎を受けている。

 山下の発言は台湾メディアでも大きく報じられたが、ネット掲示板などには、「本当に中国の政治バカにからまれてかわいそう。山Pは何も悪くないよ」「中国人ってつくづくかわいそうな民族だね。中国人って毎日こうやって人の揚げ足取りして過ごしてるんだろうな」など、山下発言を擁護・歓迎するコメントが数多く寄せられているのだ。

 中には、「台湾は国だよ。中国の一部ではない。彼は何も間違ってない」「彼は台湾をひとつの国家として尊重してくれた。ありがとう山P」といったコメントもあり、山下発言がにわかに独立の機運を高めるきっかけとなったといっても過言ではない。

 ちなみに山下は、かつてNEWSのメンバーとして2007年にコンサートで訪れた台湾にも、多くのファンを抱えている。現地のネット調査サイト「DailyView網路温度計」が17年に行った“台湾人が選ぶ、好きなジャニーズアイドル”ランキングで、木村拓哉を抑え1位を獲得するほどの人気ぶりなのである。

 そんな人気者による「台湾独立国宣言」を、政治家が放っておくはずもない。民進党立法委員(日本の国会議員に相当)の羅致政(Lo Chih-cheng)は、自らの政治活動ポスターに山下の写真を掲載しているのだが、ジャニーズ事務所が所属タレントの政治利用を許可するとは考えられず、無断使用とみて間違いないだろう。

 中国からの独立色が強い与党・民進党だが、昨年11月に行われた統一地方選挙では惨敗を喫している。また、来年行われる台湾総統選挙にはシャープを傘下に置くホンハイの剛腕経営者、郭台銘(テリー・ゴウ)会長が野党第一党で対中融和路線を敷く国民党から出馬予定であることが伝えられている。

 台湾独立派にとっては窮地といったところだが、こうした困難を乗り越えて晴れて独立となった際には、山Pは独立の英雄として祭り上げられることになるかもしれない!?

(文=青山大樹)

最終更新:2019/04/19 21:00

山下智久が台湾で英雄に!? “独立派”議員が勝手にポスターに起用のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

黒木瞳、大物実業家のバックアップも実らず

 2016年公開の映画『嫌な女』以来、女優・...…
写真
インタビュー

クールジャパンを暴いた衝撃の書

 日本のクールジャパン政策、中でも映画やアニメなど映像産業の振興政策がうまくいってい...
写真