日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木奈々の「変化」に視聴者前のめり

有村藍里の二匹目のどじょう? 鈴木奈々の「バストの変化」に視聴者が前のめり!

有村藍里の二匹目のどじょう? 鈴木奈々の「バストの変化」に視聴者が前のめり!の画像1
『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』番組公式サイトより

 テレビ業界では「鉄板」とされてきた“ビフォーアフター”ものが、ここにきて艶進化を遂げつつあるようだ。

 4月16日の『噂の現場急行バラエティー レディース有吉』(フジテレビ系)では、バストアップに関する特集が放送され、鈴木奈々に起きた“奇跡の胸揺れ”に視聴者から驚きの声が上がった。

「番組では、36人の芸能人にバストアップ専門店での施術の様子を見せてほしいとオファーしたものの、断られた。しかし、Aカップのバストにコンプレックスを持っているという鈴木奈々は、『明るいところでは旦那さんに見せられない』と悩みを明かし、この企画を快諾。全身エステを体験することになりました。美容機器で体に電流を流すなど、施術にはかなり激しい痛みが伴ったようですが、耐え抜いた結果、みごとAカップからBカップにサイズアップ。喜んだ彼女がジャンプすると、確かにプルプル揺れているのがわかりました」(テレビ誌ライター)

 これには同じ悩みを抱える女性や、スケベ目線で観ていた男性もテレビにクギ付けになったようだが、テレビ関係者は、今回のような肉体に関するビフォーアフターものは今後増えていきそうだと語る。

「きっかけは3月3日に放送されたドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)です。この回では、有村架純の姉・有村藍里が整形手術を受ける姿を公開。昨年度の同番組の最高視聴率8.9%をマークしました。瞬間最高視聴率では10.8%と2ケタ超えを果たし、『整形ネタ』が“金脈”だとわかった。しかし、出演してくれる有名人が頻繁に見つかるわけはありませんから、『バストアップ』のようにバリエーションを変えていくしかない。4月16日の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でも美尻トレーナーを特集し、美尻を目指す一般女性の姿が放送されています」

“ビフォーアフター”ものといっても洋服やメイク、家や収納といったジャンルは飽きられてきただけに、より刺激の強い企画が求められそうだ。

最終更新:2019/04/23 12:00
こんな記事も読まれています

有村藍里の二匹目のどじょう? 鈴木奈々の「バストの変化」に視聴者が前のめり!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法「当選権利は対象?」

 6月に施行され、東京オリンピックのチケットも関係する「チケット転売規制法」。弁護士...
写真