日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小森純の復帰に菜々緒が震える?

「テレビに出たい!」小森純の“ペニオク蒸し返し芸”に菜々緒ら戦々恐々!?

小森純さん(@jun.komori1122)・Instagramより

 ペニオク騒動後、メディア露出が激減したタレントの小森純(33)が、22日放送のバラエティ番組『ヒロミーティング~テレビでまたイジりたい人達~』(日本テレビ系)に出演。「(テレビに)出たいです!」と復帰願望を語った。

 なんらかの理由でテレビから遠ざかってしまったタレントを再建させようという主旨の同番組。小森は騒動当時を「あのときほんと調子乗ってて、頂ける仕事はなんでもOKみたいなイエスマンだったので、ブログにこういうふうに記載してほしいってことで書いたんですけど、大問題に発展した」「(メディアに)出たら出たで袋叩きにあうから、何が正解かわからなかった」と振り返り、今後のテレビ出演については「オファー頂けるんであれば、そこは全力で」と前のめりで訴えた。

 2012年12月に出会い系サイト運営会社の役員など4人が逮捕されたペニーオークション詐欺事件は、多くの有名人が加担させられていたことから大騒動に発展。小森は、アロマ加湿器を225円で落札したと虚偽の投稿をし、オークションサイトへ誘導していた。

「現在は、東京と横浜でネイルサロンを経営しているという小森ですが、騒動後は産後ダイエット本を発売したり、渋谷に期間限定カフェをオープンさせたり、ベビー食器ブランドをプロデュースしたり、アクセサリーを販売したりと、商売に意欲的。カリスマモデル時代のファンが一定数残っており、ギャルママとなった彼女たちをターゲットにしているようです」(芸能記者)

 小森といえば、おととし9月に出演したバラエティ番組『良かれと思って!』(フジテレビ系)でも、ペニオク騒動について赤裸々に告白。当時を振り返り「信頼しているスタイリストさんから来た案件だった」「文章とかもちゃんと確認せずに、ブログに掲載してしまった」などと語り、騒動による違約金が億単位であったことも明かした。

「世間が騒動を忘れた頃にひょこっとテレビに出ては、人々の記憶を掘り返している印象の小森ですが、案の定、ネット上ではそのたびに菜々緒、永井大、熊田曜子、デヴィ夫人、ピース・綾部祐二、東原亜希といった、当時、関与疑惑が取り沙汰された有名人の名前が次々と蒸し返されている。もし、小森が業界に本格復帰するとなると、ペニオク芸能人たちは煙たがるでしょうね」(同)

 番組では、全盛期と変わらぬ饒舌ぶりを披露し、司会のヒロミからも「プロ」と称された小森。しかし、その“ぶっちゃけキャラ”に戦々恐々としている芸能人は多そうだ。

最終更新:2019/04/24 16:30
こんな記事も読まれています

「テレビに出たい!」小森純の“ペニオク蒸し返し芸”に菜々緒ら戦々恐々!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

Twitterでチケット転売はアリ?ナシ?

 6月に施行される「チケット転売規制法」を、弁護士法人ALG&Associates山...
写真