木嶋佳苗死刑囚と新潮デスクの獄中結婚報道に度肝「草なぎ剛主演で映画化を」の声も

2019/04/26 00:00

草なぎ剛

 交際していた3人の男性を殺害し、2017年に死刑判決が確定した木嶋佳苗死刑囚(44)だが、獄中結婚した相手が「週刊新潮」(新潮社)ナンバー2のデスクであるとわかり、日本中の度肝を抜いている。

「25日発売の『週刊文春』(文藝春秋)によれば、木嶋は東京拘置所で3人の男性と結婚。昨年1月、3度目に獄中結婚した相手が、なんと『週刊新潮』に掲載された木嶋の手記を担当した元SMAP・草なぎ剛似のイケメンデスクなんだとか」(芸能記者)

 なお、イケメンデスクは結婚について「私が独断でやったこと」と取材目的ではないと説明。「週刊新潮」編集部も、木嶋死刑囚とのやり取りを元にした記事や書籍を今後発表する計画はないと強調している。

 これに、大いに反応しているのが、ネット上の女性たち。「なんで獄中で3回も結婚できるの?」「私なんて、1度も結婚してないのに!」といった声のほか、「草なぎ剛主演で映画化してほしい」「どうやって男をオトしたのか、教えて」といった声もちらほら……。

「ネット上では、魔性の女を通り越し、催眠術か魔術の類いなのではないかなどと話題になっている。木嶋死刑囚の女子力の高さやテクニックについては、これまで散々マスコミに取り上げられてきたが、それはあくまでもセックスありきのもの。究極的にプラトニックな空間といえる獄中でイケメンをオトした手腕に、改めて関心が寄せられています」(同)

 イケメンデスクが何を思って結婚したかは知るよしもないが、木嶋死刑囚の魅力が再注目されているのは間違いなさそうだ。

最終更新:2019/04/26 00:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む