日刊サイゾー トップ > 芸能  > 女優・藤野涼子“作品枯れ”意外なワケ

『ソロモンの偽証』から4年……女優・藤野涼子“作品枯れ”の意外なワケとは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

『ソロモンの偽証』から4年……女優・藤野涼子作品枯れの意外なワケとは?の画像1
NHK『腐女子、うっかりゲイに告る。』公式サイトより

「デビュー作の主演映画『ソロモンの偽証』(2015)から4年がたっていますが、連ドラでのヒロインは今回が初めてです。今は当時の共演者の方が売れているんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

 現在放送中のドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK)。俳優・金子大地が主演を務め、女優の藤野涼子がヒロインを演じている。

「彼女はデビューから4年で映画が4本、ドラマも6本と極端に出演作が少ないんです。それもどうやら『ソロモン』の成島出監督の指示もあったようで、事務所は頭を抱えているようですよ。実際、同じ生徒役だった富田望生や板垣瑞生、望月歩は映画公開以降も話題作にたくさん出演し、今やスケジュールの確保が困難な若手俳優になってますからね」(映画関係者)

 今の芸能界、10代という若さで演技力も確かとくれば、映画やドラマのオファーがひっきりなしに来るのは当然だという。

「そんな中で、主演を務めた藤野さんだけが置いていかれた感があるのは残念です。来た仕事に関しては、すべて成島監督に『これ、どうですかね?』とお伺いを立てているという噂もあるくらいですからね。監督から『主役以外はやるな』というような話も出たと噂になっていますが、実際にこれだけ露出が少ないと当然、キャスティングする側も躊躇しますよね」(広告代理店関係者)

 藤野サイドも初主演作の監督ということで恩義を感じているため、何も言えない状態だという。

「監督も大作の主演を務めさせたということで、かなり思い入れが強い女優さんになってるんでしょう。かといって、『ソロモン』の次にメガホンを取った映画『ちょっと今から仕事やめてくる』(2017)に彼女を起用するかと思えばしなかったりと、振り回している印象は強いですね。年齢的にも藤野は広瀬すず、橋本環奈あたりと勝負できるので、あれだけの演技力があるのに露出が少ないのは本当にもったいないですよね」(芸能事務所関係者)

 今後、監督離れすることができるか?

最終更新:2019/05/21 12:00

『ソロモンの偽証』から4年……女優・藤野涼子“作品枯れ”の意外なワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真