日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 女優の花道  > “ぽっちゃり朝ドラ女優”富田望生
ドラマ評論家・成馬零一の女優の花道

NHK朝ドラ『なつぞら』は生かしきれていない!? “ぽっちゃり若手女優”富田望生のポテンシャル

JAPAN MUSIC ENTERTAINMENT公式サイトより

 NHK連続テレビ小説『なつぞら』が好調だ

 舞台は戦後。戦災孤児だった奥原なつ(広瀬すず)は、父親の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られ、北海道の十勝で暮らすことになる。酪農の仕事を手伝いながら成長したなつは、農業高校の畜産科に進学する。

 なつのモデルは実在したアニメーターの奥山玲子だ。奥原は東映動画で宮崎駿や高畑勲といったアニメ界の巨匠と青春を過ごしていたため、今後、戦後アニメーションの黎明期をどう描くのか注目されている。

 同時に本作は朝ドラ100本目となる記念の作品で、松嶋菜々子や比嘉愛未といった、歴代朝ドラヒロインを演じた女優が多数出演。アニメファンと朝ドラファンのハートをがっつりとつかんでいるのが、人気の理由だろう。

 そんな盤石の布陣となっている『なつぞら』だが、筆者が楽しみにしているのは、出演している若手女優の誰が“見つかるか”だ。

 朝ドラに出演すると、俳優の知名度は一気に全国区となる。特に近年は、主演よりも脇役に注目が集まる。『あさが来た』の吉岡里帆、清原果耶、小芝風花、『まんぷく』の岸井ゆきの、小川紗良のように、朝ドラに出演したことで、広く知られることとなった女優は多い。

『なつぞら』で注目すべきは、なつのクラスメイトの“よっちゃん”こと居村良子を演じる富田望生(みう)だろう。その繊細な演技に、注目が集まっている。

 富田は現在19歳。ぽっちゃり体形の若手女優という希少価値もあってか、出演作が急増しており、今年は話題作『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)にも出演した。

 なつを演じる広瀬との共演は、映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に続いて3度目ということもあってか、息はばっちり。広瀬は、富田のことを天才だと語っている。

 福島県いわき市出身の富田はピアニストを目指していたが、小学6年生の時に東日本大震災に遭遇。母の仕事の関係で福島を離れた影響で、ピアノをやめてしまう。「何もしていない状況」を変えたいと思った富田は、ネットで見つけた映画『ソロモンの偽証』のオーディションを受ける。太っている役を演じるために15kg増量して役作りに挑み、シリアスな演技が評価された。

 以降、学園ドラマや青春映画における、ぽっちゃり女子の役を独占することとなる。

12
こんな記事も読まれています

NHK朝ドラ『なつぞら』は生かしきれていない!? “ぽっちゃり若手女優”富田望生のポテンシャルのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

嵐・二宮結婚に、他メンバーも続く!?

活動休止を待たず、結婚を発表した二宮。気になる他メンバーの動向は?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真