日刊サイゾー トップ > 芸能  > ローラが乗客背景に自撮りで炎上

ローラが電車で乗客背景に自撮り! 一般人晒して批判殺到「自分の脚の長さは加工するのに……」

「ROLA さん(@rolaofficial)・Instagram」より(モザイクは編集部で加工)

 タレントのローラが26日に公開した電車内での自撮り写真に、批判が相次いでいる。

 米・ロサンゼルスを拠点にしているローラは、「ひさしぶりの電車」とコメントを付けてインスタグラムに写真を投稿。口を尖らせながらキメ顔をするローラの背景には、大勢の乗客が映っている。

 これに対し、ネット上では「電車で自撮りなんて、マナー違反」「わざわざ乗客を背景にするなんて」「電車移動の日本人をバカにしてるようにしか見えない」などと批判が殺到。さらに、座席に行儀よく座っている少年の顔が丸見えとなっていることから、「男の子がかわいそう」「ボカシとかモザイクとか、入れなよ」「自分の脚の長さはゴリゴリに加工するくせに」との声が上がっている。

「画像の位置情報は神奈川県小田原市となっており、ローラは久々に帰国したことをアピールしたかったのでしょう。しかし、フォロワー数550万人を超えるローラが公開する写真としては、あまりにも配慮の欠けた写真と言わざるを得ません」(芸能記者)

 ローラといえば、沖縄・辺野古問題に関して「美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの」とインスタグラムで呼びかけるも、「知識があった上で言っているのか?」と疑問の声が殺到。

 また昨年12月には、動物保護を訴えているにもかかわらず、「ミシシッピの橋をみたあとにお庭にやってくる野生動物たちにいっぱいご飯をおいたよ~…明日の朝どうなってるかな~」と地面の上に置いたエサの写真を投稿。「野生動物の生態系を壊す可能性があるのに。何も知らないの?」「日本でも、野生動物の餌付けをしないよう注意してるのに……」などと呆れ声が相次いだ。

「ローラが以前から訴えているプラスチック製ストローの使用反対についても、工学者の武田邦彦氏が『プラスチックはよく燃えるし、燃えた後に毒物が残ることもない』とその反対運動のバカバカしさを訴えるなど、賛否両論が巻き起こっており、そういった知識をローラが持っているかというと甚だ疑問。なんにせよ、今回の電車の自撮り写真しかり、投稿内容にもう少し神経質になる必要がありそうです」(同)

 1位の渡辺直美に続き、国内2位のフォロワー数を誇るローラ。そんなインスタグラムのせいで、自分の首を絞めなければいいが……。

最終更新:2019/05/29 00:00
こんな記事も読まれています

ローラが電車で乗客背景に自撮り! 一般人晒して批判殺到「自分の脚の長さは加工するのに……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

“二番手芸人”かまいたちの野望

「テレビマンがいま一番キャスティングしたい芸人」「ポスト千鳥」……昨年、東京進出を果...
写真