日刊サイゾー トップ > 芸能  > 志尊淳のあざとさに嫌悪感蔓延?

志尊淳、寝顔をインスタ投稿も「あざとすぎ」と嫌悪感蔓延中!? ポスト・竹内涼真になるか

志尊淳公式Instagramより

 映画『劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜』や『HiGH&LOW THE WORST』、7月からはドラマ『潤一』(関西テレビ)や『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』(TBS系)への出演が決定しているなど、俳優として順調なキャリアを積む人気俳優・志尊淳。そんな彼が5月23日、自身のインスタグラムを更新。貴重なプライベート写真を披露し、話題となっている。

 志尊は「久々。実家にて。のんびり」というコメントとともに、毛布にくるまりながら寝ている自身の写真をアップ。さらに、ハッシュタグで「#昼寝 #母の激写 #最近携帯使いこなしてるからって #すぐ写真撮る」と付け足し、母親が撮影したものであることをフォロワーに報告した。かわいらしい寝顔とほほえましい親子関係に、コメント欄には「これぞ天使の寝顔です」「そのエピソードに萌える」「かわいすぎでしょ」といった称賛の声が多数寄せられた。

 しかし、ネット上では「母親じゃなくて彼女が撮ったんだろ」「自撮り棒で撮ってたりしてw」と彼女の存在や自作自演を疑う声も。また「たとえ撮られてたとしても、それをアップする所がね(笑) 可愛い僕ちゃん見ておくれ〜(笑)」「あざとい」「かまって女子のインスタみたい」と、自らの寝姿をアップする行為に拒否反応を示す声が出ていた。

「ネットでは女優たちが自分の寝姿やすっぴんを公開すると、すぐに『どれだけ自分が好きなのか』『自信ありすぎ』といったツッコミが入りますからね。今回の志尊さんの行為も、あざとく映ったのでしょう」(芸能事務所関係者)

 また「うわーついにこういうことやり始めたんだ。演技で勝負したらよかったのに」「そんなにイケメンではないけと演技上手いから割と好きなのにだんだん痛くなってるね……竹内涼真みたい」「演技はそこそこ上手いんだから演技派を大人しく目指せばいいのに」と、演技派な印象があるだけに、わざわざ自分のかわいさをアピールする必要はないのでは? という声も上がっていた。

「志尊さんといえば朝ドラ『半分、青い。』での同性愛者の漫画家や『女子的生活』(ともにNHK)のトランスジェンダーのヒロインなどといったクセのある役を完璧に自分のものにした実績から、演技派と呼び声が高い人物。かわいいことは十分に世間に伝わっているので、今後は大人の男の魅力を打ち出していったほうが良さそうですね」(テレビ局勤務)

 インスタグラムに掲載する写真も、あざといものは控えたほうがいいかも!?

最終更新:2019/05/30 10:00
こんな記事も読まれています

志尊淳、寝顔をインスタ投稿も「あざとすぎ」と嫌悪感蔓延中!? ポスト・竹内涼真になるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

小泉進次郎、デキ婚で失意の声も

今週の注目記事・第1位「進次郎裏切り<全真相>...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真