日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 福山『集団左遷』平均1ケタ低迷

福山雅治『集団左遷!!』まるで別ドラマに鞍替えも2作連続で平均1ケタ台の悪夢が目前に

 福山雅治が主演するTBS日曜劇場『集団左遷!!』の第2章「本部編」が2日放送の第7話でスタートしたが、視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と振るわず、依然低調なまま。ここまでの平均は9.97%と、ついに2ケタを割ってしまった。

 5月26日オンエアの第6話で第1章「蒲田編」が終了。蒲田支店は結果的に、ノルマになっていた融資額プラス100億円を、あと1億円というところで達成できず、廃店となってしまったが、行員たちは生き残り、それぞれ新たな支店へ移ることができた。蒲田支店支店長だった主人公・片岡洋(福山)は、本部の融資部に異動となり、役職は部付部長。天敵である横山輝生(三上博史)は、蒲田支店を犠牲にして、常務から専務に出世。舞台を本部に移して、片岡VS横山専務の新たなバトルが繰り広げられていくことになる。

 第2章は、第1章とはまったく異なる路線を打ち出しており、まるでほとんど別のドラマに鞍替えしたかのようだった。福山が走り回り、顔芸を見せるのは相変わらずだが、第1章のコメディタッチがややシリアスモードに変わっていた。

 こういう展開になってくると、視聴者も戸惑いは隠せず、早くも賛否両論のようだが、ストーリーがガラッと変わっただけに視聴率を回復させるチャンスともいえる。

 初回(13.8%)と第3話(10.1%)では2ケタに乗せたが、第4話以降、9.2%→9.0%→7.8%→9.4%と4週連続1ケタ台と低迷し、平均視聴率も1ケタ台に転落した。この先はコンスタントに2ケタ台を記録することが必須となる。福山としては、全話平均8.5%と爆死した前回の主演ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系、2016年4月期)に続く2作連続1ケタ台だけは、なんとか回避したいところだろう。

最終更新:2019/06/04 17:50
こんな記事も読まれています

福山雅治『集団左遷!!』まるで別ドラマに鞍替えも2作連続で平均1ケタ台の悪夢が目前にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真