日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 武井壮、不倫リーク女性に苦言

武井壮、「被害者じゃなく加害者だから……」不倫報道のリーク女性に苦言で絶賛の声相次ぐ

 タレントの武井壮がツイッターで芸能人の不倫騒動に関する持論をつづった。俳優・原田龍二(48)の不倫騒動で揺れている芸能界。相手女性が「週刊文春」(文藝春秋)にリークしたことで騒動となっている。

 そんな中、武井は4日にツイッターを更新し、「妻子持ちだと分かってた男性との不倫をリークする女性は被害者じゃなく加害者だからね。。」と不倫騒動についてツイートした。

 武井は原田の名前こそ出さなかったものの、「あくまで被害者は奥様とお子さんのみだからね。。」と相手の女性は加害者であると断言。「不倫の記事でリークした女の人を被害者扱いするのはどうかと思うわ。。」と現在の風潮に対して疑問を呈していた。

 このツイートに武井のツイッターには、「本当にそう思います。加害者であり共犯者なのに、まるで騙されたかのような言いよう」「同感です!不倫女性は被害者面してはいけないと思う」「本当そう思う。知らないところで人を傷付けてまでして幸せな心にはなれない」といった共感の声が集まっていた。

 既婚と知りながら原田と関係を持っていた相手女性を断罪する意見が少ないことに違和感を覚えていたネットユーザーも多かったようで、武井の発言に同意する声が飛び交っている。

最終更新:2019/06/05 17:52
こんな記事も読まれています

武井壮、「被害者じゃなく加害者だから……」不倫報道のリーク女性に苦言で絶賛の声相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

ラバーガール全国ツアーへ!

 キングオブコントで決勝に進出すること2回。片や俳優としても活躍し、片や脚本や監督業...
写真