日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 「卓球元年」武井壮が大活躍!
熱血!”文化系”スポーツ部

武井壮が”卓球界の宣伝マン”として大活躍! 2018年のスポーツメディアを総ざらい

武井壮

 平昌冬季五輪にサッカーロシアW杯、100回目の夏の甲子園に平成最後の日本シリーズ……と、ほかにも数え切れないほどのビッグイベントめじろ押しだったスポーツ界。2020年東京五輪も刻一刻と迫る中、2018年のスポーツメディアはどんな動きを見せていたのか?1年前に本コラムで予想した内容(参照記事)と比較しながら振り返ってみたい。

■卓球界の宣伝マンになった武井壮

 18年のスポーツメディア注目点として筆者が挙げたことのひとつが、「卓球界の“広告塔”は誰になる!?」というものだった。日本勢が世界を相手に好成績を残すだけでなく、秋からは「Tリーグ」も開幕するなど、ますます盛り上がりを見せる卓球界。だからこそ、その伝え手が重要になる、と感じていた。

 その意味で、まさに「卓球界の広告塔」として名乗りを上げたと言っていいのが、4月からBSジャパン(現・BSテレ東)の卓球情報番組『卓球ジャパン!』のMCに起用された武井壮だ。

 振り返れば、武井は以前から卓球界に熱視線を送っていた。16年には「Number Do」の企画でリオ五輪メダリストの水谷隼と“ガチンコ対決”。その水谷を当時13歳の張本智和が破った17年には「張本智和恐ろしいな。。水谷隼の卓球を僅か13年にしか満たない人生で破るなんて。。スポーツには時にそんな奇跡の産物が現れる」と、卓球界の新星登場に興奮気味につづったツイートがスポーツ紙で報じられたこともあった。

 そして今年、満を持しての『卓球ジャパン!』MC起用だ。また、同じ4月にはNHK『武井壮のパラスポーツ真剣勝負』でもパラ卓球に挑戦するなど、一気に卓球色を強めた印象だ。

 武井のほとばしる卓球愛はまた別の機会に紹介したいが、ここでは18 年、武井が記したツイートから、その熱の一端を紹介したい。

《しかし卓球は厳しい過酷なスポーツだ。20年以上必死に積み重ねてもほんの0.1グラムボールに加える力が変わるだけで0.01秒タイミングが前後するだけで勝敗が変わってしまう。だからこそ日本代表東京五輪金メダルを願うよな。でも日本が破れたらそれ以上積んだ相手も讃えたい。全アスリート素晴らしい!》

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed