日刊サイゾー トップ > 社会  > 冷静なのは武井壮だけ「どんな良い先生だろうが殴ったら駄目なんだ」
【wezzy】

町田高校暴力事件に大人たちが示した異常な過剰反応、「どんな良い先生だろうが殴ったら駄目なんだ」と冷静なのは武井壮だけ

東京都立町田総合高校の男性教員が1年生の男子生徒に暴行を加え、ケガを負わせた事件が波紋を広げている。暴行の一部始終を収めた動画が生徒の手によってTwitterに投稿、拡散されて問題となったものだが、じつは生徒が教師を煽って暴力を仕向けたという疑惑が浮上し、世論は男性教諭の擁護へといっきに流れた。

 21日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、加藤浩次が「僕は思うんだけど、やっぱり生徒も裁かれるべきでしょ。生徒は先生をハメられるんだもん」「『ほら、やってやったよ、あの先生。処分を下さしてやったよ、俺が』って生徒がもし言ってるんだったら、『大人ナメんな』って話ですよ」と、生徒を厳しく糾弾。ネット上では、加藤の持論を賞賛する声も多かった。

 さらに、22日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でも、ヒロミは「率直に気分の悪い動画だとは思う」「会話を聞いていたらどっちが先生だか生徒だか分からない」「このガキども連れて来たらシメたい。全員まとめて。本当に大人をナメているというか、生徒としての資格がないよね。学校の教師の資格がないという人もいると思うけど、こいつらに生徒としての資格はない」と、怒りを隠さない。MCの坂上忍も「どうしても先生のほうに同情心がいってしまいます」と、歯切れの悪いコメントを残した。

 世論は彼らとおおむね同じ意見なのであろう。ネット上では「生徒の非は大きいと思う。先生に罪はないと思う」「校則を守らずにいる生徒を、停学にせず指導するにはこれしかないでしょう。そういう親心的なことに甘えて、何度も同じことを繰り返したのなら、生徒と家庭に問題があるのでは」「高校は義務教育ではないんだから、校則がイヤだったら辞めればいいのに」などといった書き込みが溢れている。

 さらに、批判の矢面に立たされた男子生徒たちの本名やTwitterはすでに特定され、炎上している。もし、生徒たちに教師をハメようという意図があったとすれば、たしかに衝撃的な事件ではある。しかし、問題の本質はそこではないのではないか。

 今回の事件において、教師から殴打された生徒を擁護する意見は、ほぼ皆無だ。あたかも教師の暴力を肯定するかのような世間の動きには、違和感しかない。

 今回の事件、いったいなにが多くの人々の琴線に触れたのだろうか? “大人をナメたガキ”たちが、生意気にも校則を守らず、あまつさえ教師を陥れたということだろうか。この事件は、大人たちのプライドを傷つけたのか? 加藤浩次やヒロミらの過剰反応は、まるで“大人たち”が、自らの立場と尊厳を“大人をナメたガキ”から守ろうとする姿のようでもある。何より、彼らが学生だった頃、校則を遵守し、教師の言うことをよく聞く優等生だったかといえば、決してそうではないだろう。かつての自分たちを見ているようで、恥ずかしくなったとでもいうのだろうか。

 

冷静に反応した“大人”は、武井壮だけだった
 この流れに抗ったのは、武井壮だ。武井は23日、Twitterで<体罰なんか最初からひたすら絶対にノーだってずっと言ってんだろ!誰が擁護しようがオレは絶対に体罰なんか認めねえわ!!!>と吼えた。

 武井はその後もツイートを連投し、暴力を断じて許さない姿勢を誇示する。

 <生徒が悪かろうが、愚弄されようが、狡猾なやり方で追い込まれようが、どんな良い先生だろうが殴ったら駄目なんだ生徒を擁護する理由なんか1つもない、先生は悔しかっただろうし怒りもあっただろう、生徒の事を思ってかもしれない、けれど殴ったら駄目だ。それ以外の方法で対応しなきゃ駄目なんだよ>

 <会社で言うこと聞かない部下をぶん殴ったらクビだろうな、部活で生意気な後輩ぶん殴ったら出場停止や廃部にもなる、国会で暴言吐きまくる議員を答弁中の総理がぶん殴ったら逮捕されるだろうな、どんな人も人を殴ったら駄目なんだよ。教師なら殴ってでも教えていい?教師だけに人を殴る権限なんかない>

 “大人”である武井壮のコメントは、もっともではないか。教師が暴力に訴えた背景を考慮しつつ、しかし暴力は頑として認めない。さらに武井は、なぜ暴力が、教師と生徒の関係性においてのみ体罰と換言され、見逃されているのか――ということにまで言及している。冷静であり、的を射た意見だ。

 冷静さを欠いた大人たちが、生徒への批判をエスカレートさせることは、暴力や体罰を容認することにつながる危険さえ孕んでいる。さらに、ここ数年は理不尽で無意味な校則、通称“ブラック校則”がまかりとおっていることが問題視される機運もある。学校側のルールや教員の言い分が絶対的に正しい、という認識を強固に持つ人などそう多くはないだろう。にもかかわらず、この事件が過剰な生徒バッシングと体罰やむなし論に展開していったのは、異常としか言いようがない。

最終更新:2019/01/27 07:15

町田高校暴力事件に大人たちが示した異常な過剰反応、「どんな良い先生だろうが殴ったら駄目なんだ」と冷静なのは武井壮だけのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真