岡田准一から山里亮太まで……蒼井優に「山ちゃんとセックスできるなんて、尊敬する」の声

2019/06/05 17:30

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
蒼井優

 女優・蒼井優と南海キャンディーズの山里亮太の電撃結婚発表を受け、ネット上では「山ちゃんとセックスできる蒼井優、すげえ!」と賞賛の声が相次いでいる。

 蒼井は、中学生のときに受けたミュージカル『アニー』のオーディションをきっかけに芸能界入り。2008年にフライデーされたV6・岡田准一からはじまり、鈴木浩介、三浦春馬、石崎ひゅーいとの交際が報じられたほか、大森南朋、堤真一、瑛太など、浮き名を流した有名人は枚挙に暇がない。大竹しのぶや高岡早紀がそう言われてきたように、不思議な妖艶さが男たちをメロメロにしてしまうことから「新・魔性の女」と呼ばれてきた。

 そんな蒼井と、「吉本ブサイクランキング」で殿堂入りを果たした山里の結婚に対し、ネット上では「蒼井優さんがあれとセックスできるってのは凄いね。尊敬する」「セックスしてるところが、どうしても想像できない」「山ちゃんクラスとセックスできる蒼井優さんに興味わいた」といった声が殺到している。

「名だたるイケメンたちとの交際歴があるにもかかわらず、山里ともヤれるなんて、ただ者ではありませんよ。そのストライクゾーンの広大さには、尊敬の念すら覚えます。映画で濃厚な濡れ場を演じたこともある蒼井ですが、その繊細な白肌が共演俳優をメロメロにしてしまうと言われている。蒼井は過去のインタビューで、世間のイメージとは反して相手に尽くすタイプであることを明かしており、夜も日本人女性らしく一生懸命に尽くすタイプかもしれません」(芸能記者)

 蒼井は2015年8月発売のムック「MEKURU」VOL.05(ギャンビット)のインタビューで、恋愛中の自身について「自分のキャパ以上に頑張り過ぎて、そのキャパに自分が追いつかなくなって、キーッてなることもあったし。慎ましくしてみたり、お弁当作ってみたり、求められることの3歩先ぐらいをやろうとしてみたり。自分で自分の首を絞めて窒息、みたいな感じ(笑)」などと語っており、ベッドの上でも3歩先を試みている可能性はありそうだ。

人気記事ランキング

続きを読む