爆笑問題・太田光の“友人がいなかった”エピソード集

2019/06/06 23:00

TBS系『サンデー・ジャポン』番組公式サイトより

 神奈川県川崎市で、51歳の男性が私立小学校のスクールバスを待っていた小学生を襲い2人が死亡、18人を負傷させ自殺した事件を受けて、爆笑問題・太田光の発言が話題となっている。

 太田は2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)において、犯人に対しネットを中心に「死ぬなら一人で死ね」といった意見が出ていることを受け、犯人と同世代の人間として「高校生くらいのときに何も感動できなくなった。物を食べても味がしない。このまま死んでもいいんだというところへいくと、他人の命も大切に思えなくなる」と過去の体験を語った。太田が絶望から立ち直ったきっかけは、美術館でピカソの絵を見たことだという。「ああこんな自由でいいんだ、表現って」と思ったと語った。

 よく知られているように、太田は高校時代の3年間、友人が一人もいない暗い高校生活を送っていた。

 そのきっかけは、地元の埼玉を離れ、知り合いのいない都内の私立男子校へ進学したことによる。入学直後の友達づくりの時期に、自分から話しかけるといったことをしなかったため、孤立していったとか。ただイジメを受けていたといったわけではなく、クラスで誰とも交流を持たない存在であったようだ。

 昨年度、太田は「週刊新潮」(新潮社)に、日本大学芸術学部への裏口入学疑惑が報じられ、高校の同級生の証言も紹介されていたが、太田はこれに対しても「高校の同級生に恨みはない。ヤンキーも多かったがいい奴らだった。友人を作らなかった自分が悪い」と、ラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で述べている。そんな太田の高校時代にはさまざまな逸話がある。

「修学旅行の班決めで親しい人間がいないため、担任に適当なグループに入れられてしまい、周囲もめんどうになったのか、途中で撒かれたようですね。その間は、喫茶店で煙草を吸いながら文庫本を読んでいたそうです。旅館でも文庫本を読んでいたため、ほかのメンバーが別の部屋に遊びに行ってしまったとか。さらに、体育の授業でラグビーをやると、パスをする相手がいないため、ボールを持って独走。それが勘違いされ、部活のスカウトも来たようです」(業界関係者)

 笑いにはしているものの、かなりヘビーな高校生活であったことには変わりない。その分、川崎の事件にも思うところがあったのだろう。

(文=平田宏利)

最終更新:2019/06/06 23:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む