日刊サイゾー トップ > 芸能  > 前田敦子&勝地涼、離婚秒読みか

離婚秒読み!? 前田敦子がガチすぎる悩みを打ち明ける中、勝地涼のインスタに異変

前田敦子

 昨年7月に俳優の勝地涼と結婚した女優の前田敦子が、5日放送のフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』に出演。子育てに関する悩みが「ヤバすぎる」と話題だ。

 今年3月に男児を出産した前田は、「私の子どもが、私のようにいつか爆発する子にならないか心配」と悩みを告白。前田は「小さい頃から神経質」だったといい、服が体に張り付いているだけでも癇癪を起こすような幼少時代を過ごしたそう。また、現在も日常的にパニック状態に陥るという前田は、「アレがない、コレがないってなると、パニックになっちゃいます」と探し物があると永遠に探し続けるといい、夜中でも勝地を起こして一緒に探させると明かした。

 自身を「私はヤバイ」と自己分析する前田は、息子が手のかからない子であることから、「子どもが大人すぎて、私がすごく子どもに見えてしまうんですよ」「目が合うと自分がすごいできてないような感じになってきちゃって、『大丈夫かこいつ』って見られてるなって思っちゃう」と被害妄想とも思える悩みを吐露した。

 そんな前田の激しい性格に振り回されている勝地は、問題が解決した後で「そうならなくても大丈夫だよ。落ち着いてね」と前田を諭すというが、ネット上では「想像以上にヤバい性格だった」「子どものイヤイヤ期とか乗り越えられなさそう」「パニック障害では?」「離婚しそう」などと心配する声が殺到。

 さらに、過去の前田に関する報道から、「変な写真ばかり撮られてるもんね」「こないだも勝地にボス猿みたいな顔して怒ってたよね」「泣き叫んでるとこ撮られすぎ」といった指摘も。

 前田といえば、道端で勝地に激昂する姿が「週刊文春」(文藝春秋、5月30日号)に掲載されたばかり。撮られた当時、脚を怪我していたため車椅子生活を送っていた前田だが、記事によれば、勝地が車椅子を押して歩いていたところ、前田が突然、激昂。脚を引きずりながら50メートル走った挙げ句、道に倒れ込み、勝地を睨みつけたという。

「前田の『私はヤバイ』発言で、2012年の“泥酔パンモロ”報道を思い出した人も多かったよう。この時は、合コン相手の佐藤健に泣きながら鬼の形相でブチ切れている様子が『文春』に掲載され、世間を驚かせました。ただ、この時は前田が泥酔していたため、酒のせいと受け取ることもできた。しかし、シラフでも感情を爆発させているとなると……。本人は子どもの性格を気にしていましたが、むしろ前田が毒親になるのではないかと心配してしまいます」(芸能記者)

12
こんな記事も読まれています

離婚秒読み!? 前田敦子がガチすぎる悩みを打ち明ける中、勝地涼のインスタに異変のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

キンプリ平野の「今後の不安」

 今回取り上げるのは、King & ...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真