日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香が「嫌いな歌手」で首位

工藤静香が「嫌いな夫婦」に続き「嫌いな歌手・アイドル」でも首位! なぜこんなに嫌われたのか?

工藤静香が「嫌いな夫婦」に続き「嫌いな歌手・アイドル」でも首位! なぜこんなに嫌われたのか?の画像1
工藤静香

 歌手の工藤静香が、「嫌いな夫婦」ランキングに続き「嫌いな歌手・アイドル」ランキングでも首位となってしまった。

 工藤は、昨年12月に「週刊文春」(文藝春秋)が発表した「嫌いな夫婦」ランキングで、夫・木村拓哉と共にダントツ1位に。さらに、「女が好きな女、嫌いな女」を発表した発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、「嫌いな歌手・アイドル」部門の1位は工藤とのこと。票数で、AKB48、浜崎あゆみ、酒井法子などを凌いでいる。

「これだけメディア露出の少ない工藤がここまで嫌われてしまう所以は、SMAP分裂騒動による影響と、人から吹っ掛けられると、感情に任せて反論してしまう性格が“ヤンキー臭”を漂わせているからでしょう」(芸能記者)

 工藤は昨年、草なぎ剛の誕生日に草なぎがCMキャラクターを務める食品の栄養調整食品「1本満足バー」の写真を投稿。「つよぽんのこと祝ってる?」「木村くんの案かな?」などと深読みしたしたジャニヲタに対し、「人の誕生日まで覚えられないよ。本当に参るね」と冷たい口調で反論し、「そんな言い方しなくても!」「SMAPファンをバカにしてる」と炎上した。

 また、工藤が静岡県の占い師に相談していると報じた「女性セブン」(小学館)や、インスタグラムが炎上していると伝えた「文春」の記事に対し、「占い師に聞く必要などありません」「料理だらけのインスタで炎上?なんてする暇あったら、みんな夕食を考えます」と反論。冷めた言葉遣いで、怒りを露わにしていた。

「木村の好感度低迷と共に、すっかり“炎上ママタレ”の仲間入りをしてしまった工藤ですが、インスタグラムのプロフィール欄には『嫌がらせや場を荒らす目的でいらっしゃる方々、時間には限りがあります。是非無駄になさらず楽しい時間にお使い下さいね』と嫌味とも受け取れる文言が。姉御気質が時代に合わず、『偉そう』『上から目線』『感じ悪い』と反感を抱かれやすいのでしょう」(同)

 最近は、インスタグラムで大量に“どアップ”の自撮り写真を公開し、「イタい」「キツい」「怖い」と話題の工藤。一体、どこまで嫌われてしまうのだろうか?

最終更新:2018/02/20 23:00
こんな記事も読まれています

工藤静香が「嫌いな夫婦」に続き「嫌いな歌手・アイドル」でも首位! なぜこんなに嫌われたのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真