日刊サイゾー トップ > 芸能  > おぎやはぎの整形推奨に不快感

おぎやはぎがたんぽぽ・川村エミコにさらっと「整形したら?」……「美意識は人それぞれ!」と不快感

『おぎやはぎのブステレビ』より

 6月10日、お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが、『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)に出演。なぜ整形しないのかと質問される場面があった。

 番組では、共演のお笑いコンビ・フォーリンラブのバービーが、「一重=ブスという(暗黙の)定義がある」「ブスはメイクで一発逆転できる。二重の整形なんか今3万でできる」と発言。さらに、川村に向かって「川村さん、アイプチで二重にしたらめちゃめちゃ美人じゃないですか」「3万ですよ」とアドバイス。それを聞いていたMCのおぎやはぎの2人も、川村に「なんで二重にしないの?」と質問したのだった。

 すると川村は「でも、この顔でお仕事もらってるし」とためらいを見せ、さらに「美人になりたいかっていう……?」と首をかしげるなど、整形に抵抗がある様子を見せていた。さらに「(二重にした場合の)頑張ってる感が嫌なんです」とも語っていたのだった。

 この放送を受け、ネット上では「整形するメリットないのに勧められてもね」「『なんで二重にしないの?』この質問がサラッと出てくる異常な世界」「二重が正解みたいな考えなくなればいいのにね」などと、川村の反応に理解を示す声が続出。また「この人が二重にしたら面白くなくなると思う」「この人とゆにばーすのハラちゃんは二重にしたら普通の可愛らしい顔になるから芸人仕事なくなるよね」と、整形することによりキャラが変わってしまうことに納得を示す声が上がっていた。

「有村藍里さんの整形が大成功したニュースを受け、世間的にも『自信がないなら、どんどん整形をするべき』という風潮が強まっているようには感じます」と語るのは芸能事務所関係者。

「とはいえ、整形する必要を感じていない人に『なんで整形しないの?』と勧めることをテレビ番組で放送するのは確かに観ていて不快感を覚える人は多いでしょう。美意識は人それぞれですし、二重に比べて一重がダメ、ということもないですからね」(同)

 いまや売れっ子芸人の川村にとって、顔は大事な商売道具。共演者のアドバイスを「余計なお世話」と思っていた可能性が高そうだが……。

最終更新:2019/06/20 09:35
こんな記事も読まれています
関連キーワード

おぎやはぎがたんぽぽ・川村エミコにさらっと「整形したら?」……「美意識は人それぞれ!」と不快感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真