日刊サイゾー トップ > その他  > りゅうちぇる「干された」報道に反論
【wezzy】

りゅうちぇる「干された」報道に「テレビだけがお仕事の全てではない」 歌手活動は順調

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 りゅうちぇるがネットニュースで「テレビから干された」という報道に真っ向から反論している。

 18日に徳間書店が運営するネットニュースサイト「アサジョ」が配信した「無表情に心配の声が殺到!りゅうちぇるがテレビから干された本当の理由とは?」という記事に対し、りゅうちぇるはツイッターを通して<まって僕って干されたの?>と反応した。

 「アサジョ」は13日にりゅうちぇるがインスタグラムにアップした写真で顔に生気がなかったと紹介。その投稿には<ぼくの未来のためにはぼくが動きださないといけない>といったコメントが添えられていたのだが、その真意について<メディア露出が激減しているため、テレビなどの仕事以外のステップアップを模索しているのではないかという憶測も飛び交っている>と解説した。

 そのうえで、テレビの仕事がなくなった原因について、これまでの発言やタトゥーを入れたことなどが炎上し、業界では扱いにくいキャラクターになってしまったからだとしている。

 この記事に、りゅうちぇるはツイートを通じてこのように反論した。

<ネットニュースってどうしてある事無い事書くんだろう 歌のお仕事を始めたのと子育ての時間を作る為に事務所と話してバラエティを抑えさせてもらったのは事実です!それで干されるって言われるなら仕方ないですが、ファンの子分かると思うけど今全くテレビに出てないわけではないよ>
<僕はテレビだけがお仕事の全てではないと思ってて、でもテレビで僕を見たいって楽しみにしてくれるファンの子がいるから、今までみたいにたくさんは出られないけど、全くテレビに出ない!ってことは絶対しないので、ファンの子には安心してほしいです これからもこんな僕を宜しくお願いします>
<あと、こうして色々言われてしまうのも正直、このお仕事では仕方のないところかもしれないです でも!最後にひとつ言わせていただくのであれば、大切な家族を守らないといけないぼくにとって干されてる暇なんてありません!何があってもお仕事全力で頑張るよ>

りゅうちぇるが歌を通して伝えたいこと
 りゅうちぇるのツイートにもある通り、彼は現在「RYUCHELL」名義で歌手活動を積極的に行っている。

 4月にはデビューアルバム『SUPER CANDY BOY』をリリースした。前山田健一やケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)といった作曲家が参加し、1980年代風の音でまとめられた作品は評価が高い。

 

 りゅうちぇるはこの歌手活動に「自分の色を取り戻そう」というテーマがあると解説しつつ、その意味合いを<運良く、テレビに出て自分の意見を発信できる立場になれたからこそ、みんなを笑わせる存在だけでなく、自分の体験をしっかり伝えることで誰かが元気になるきっかけになりたい>と語っている。

 りゅうちぇるはこれまでメディアで繰り返し「多様性」の大切さを訴えかける発言をしてきたが、『SUPER CANDY BOY』で彼が書いた歌詞はその主張を凝縮したものである(りゅうちぇるは収録曲全7曲のうち4曲に作詞で参加している)。

<Barbieで遊ぶ僕をからかい決めつける/好きになる人まで僕を決めつける/なぜか誰もがいつでも人を判断したがる/1つ違うならスベテが違うかのように>(「Beautiful Dreamer」)
<なぜか見慣れないものに人は石を投げつける この愛も真実ならば乗り越えていける>(「Beautiful Dreamer」)
<誰が決めたの? 男らしさ女らしさとか/何であろうと可愛いなら可愛い!で叫ぼう!>(「Diversity Guys!」)

 また、ぺことりゅうちぇるの長男・リンク君の名を冠した曲「Link」では、<「普通」のほうが いいのかと/悩んでたけど/ありのままの自分を選び/僕は愛を見つけたんだ>と、「自分らしさ」を大事にすることの大切さを歌ったうえで、息子に対して<髪の色 服装で人は決まらない/大事なのはハート/君は君でいいんだ/ようこそこの世界へ!>と歌いかけている。

 りゅうちぇるは『SUPER CANDY BOY』のリリースイベントで日本中を飛び回っていたが、そういったライブのなかには東京レインボーパレード2019でのライブもあった。

 彼はこのイベントで代々木公園の野外ステージに立ち、MCでは<世の中には愛が溢れている。だけど人にからかわれたり、バカにされたりして、その愛を見失ってしまう人もいると思う。だけどどんなかたちであれ、どんな色であれ、全ての愛は美しいんだよ、ということを伝えたいと思っています>とスピーチし、オーディエンスは拍手した。彼の活動がきちんと届くべきところに届いている証拠だろう。

 地上波テレビのバラエティ番組だけが芸能活動ではない。分かっている人は分かっている。りゅうちぇるの訴え続ける「多様性」を尊重したメッセージに一般の人々が反発して彼を「炎上キャラ」にし、それを受けてテレビ局が「りゅうちぇるは扱いづらい」と干すなどという現象がもし起こるとしたら、それは明らかにテレビ側が、そして「炎上」などとする社会側がおかしい。

 りゅうちぇるにはこれからも、自分らしさをなくさずに大切なメッセージを伝え続けてほしい。

最終更新:2019/06/20 07:05

りゅうちぇる「干された」報道に「テレビだけがお仕事の全てではない」 歌手活動は順調のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真