日刊サイゾー トップ > 芸能  > こじるり、太鳳ディスに“いいね”! 

小島瑠璃子、土屋太鳳ディスツイートに“いいね”! エゴサ中の間違いか、それとも…… 

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

小島瑠璃子公式インスタグラムより

 明るいキャラクターとフレンドリーな性格でバラエティ番組に引っ張りだこの人気タレント・小島瑠璃子。その一方で、オーバーリアクションや前に出る性格などが同性から嫌われ、「あざとい」という声もある。そんな彼女がTwitterでやらかしてしまった。

 6月21日、あるユーザーが土屋太鳳について書かれた記事をツイート。その記事は、20日に放送された『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「グルメチキンレース ゴチになります!」内で土屋太鳳が最下位となり、「お金ない……足りない……」と泣いたところ、共演者の田中圭に借金したというもの。このユーザーは友人のユーザーと土屋についてTwitter上で話していた模様。すると、友人ユーザーが「こじるりとかは賛否分かれるけど、たおは9割ぐらい嫌ってんじゃない?(笑)」とリプライしたところ、なんと小島がそのリプライに“いいね”を押したのだ。

「この“いいね”から考えられるのは、『エゴサしてうっかり押した』『自身への賛否両論あるということに押した』『本当に土屋太鳳嫌い』のどれかだと思われます。ですが、どの理由にしても押したのはマズイかなと(苦笑)。一応自身もタレントで、たまに土屋さんと共演することもあるでしょうし。やばいと思ったのかわかりませんが、現在は“いいね”を消したので何もなったかようになってます。が、ネットではスクショが出回り『これはいけない!』『あざといだけじゃなく腹黒いぞ!』『漆黒腹黒』と批判されている状態。好感度が下がっただけではなく、新たなマイナス面として黒歴史になるかもしれませんね……」(芸能記者)

 テレビで見るこじるりは、誰にでもフォローを入れてくれる心の優しい人物。それだけに、「エゴサしてうっかり押した」であってほしいと願うばかりだ。

最終更新:2019/06/24 10:16

小島瑠璃子、土屋太鳳ディスツイートに“いいね”! エゴサ中の間違いか、それとも…… のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真