日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 杏の取材現場は最悪の空気

杏は記者泣かせ? 機嫌は悪くないのに”ナチュラルクール”すぎて、取材現場はいつも最悪の空気

トップコート公式ホームページより

 7月10日スタートの『偽装不倫』(日本テレビ系)で約4年ぶりにドラマ出演した杏。プロモーションのために、バラエティー番組にも出演している。

「『おしゃれイズム』や『しゃべくり007』のほか、初回オンエア当日には情報番組にも出演するなど、精力的にプロモーションをしています。テレビでは楽しそうにしていますが、雑誌の取材なんかでは、そうでもないみたいですよ……」(出版関係者)

 実は杏、出版業界では“攻め難い”と有名なのだという。

「有名な女優さんでは珍しいことではありませんが、杏もインタビュー取材がそんなに好きではないようです。質問をしても普通に答えるだけで、あまり気の利いたことを言おうとするわけではない。冗談を言って場を和ませることもないようです」(同)

 実際に、今回のドラマ出演に伴う雑誌でのプロモーションでも、そんな杏に打ちのめされる関係者も少なくない。とある出版社の社員は、こう話す。

「杏さんは取材中もほとんど笑わないし、口数も少ない。質問をしてもヘタしたら『はい』と『いいえ』だけで終わってしまう。決して予習もなしに取材できる相手ではありません」

 しかし、モデル出身ということもあって、写真撮影は完璧だという。

「ポージングなどはうまいし、カメラマンや編集者から指示する必要もなく、サクッと撮影は終わります。でも、ほとんど会話もないまま撮影が終わってしまうので、打ち解けるタイミングがまったくない。それでいて杏さんは笑ってもくれないので、現場の空気がかなり張り詰めてしまう。ちょっと大変な取材でしたね」(前出・出版社社員)

 まさに雑誌関係者泣かせの杏だが、決して悪気があるわけではない。

「単純に態度が悪いとか、天狗になっているとか、そういうことではなく、ナチュラルにクールなんですよ。女優のスイッチをオンにしないと、とにかくテンションは低い。あれが通常だから、スタッフが機嫌を取ることもできないので、本当にどうしようもないんです」(芸能事務所関係者)

 まさにクールビューティーな見た目通りの杏だが、家庭では夫・東出昌大と一体どんな会話をしているのだろうか? そちらも気になって仕方がない。

最終更新:2019/07/12 09:36
こんな記事も読まれています

杏は記者泣かせ? 機嫌は悪くないのに”ナチュラルクール”すぎて、取材現場はいつも最悪の空気のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

前田日明×瓜田純士、断絶の真相

 かつてはいがみ合っていた時期もあるが、10年ぶりに再会し、すっかり打ち解けた前田日明...…
写真