日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 杏主演『花咲舞』第3弾お蔵入りに!?

杏、7月ドラマ復帰の裏で『花咲舞が黙ってない』第3弾がお蔵入りになっていた!?

杏、7月ドラマ復帰の裏で『花咲舞が黙ってない』第3弾がお蔵入りになっていた!?の画像1
日本テレビ系『偽装不倫』公式サイトより

 日本テレビとしては「これじゃなかった」という思いだろうか。

 女優の杏が7月期の日テレ系ドラマ『偽装不倫』で4年ぶりに連ドラ主演を果たすことが決まった。2015年1月に結婚した東出昌大との間に3児をもうけていたが、子育てもひと段落。東出が5月に公開される映画『コンフィデンスマンJP』をもって育休に入り、バトンタッチとなるようだ。

「同ドラマは東村アキコのLINEマンガが原作。杏は1人旅の途中、飛行機の中で出会い、好きになったイケメン男性に既婚者と嘘をついてしまったため、“偽装不倫”の恋愛を続けざるを得なくなった32歳、派遣社員の独身女性を演じます。彼女は13年のNHK朝ドラ『ごちそうさん』でヒロインを務め人気となり、14年の『花咲舞が黙ってない』で視聴率16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、15年の続編で14.5%と、高視聴率女優の仲間入りを果たしている。日テレは『花咲舞~』のスタッフを集結させ、7月期ドラマの目玉と位置付けらています」(テレビ誌ライター)

 しかし、日テレがのどから手が出るほど熱望していたのが、高視聴率確実の『花咲舞~』第3弾だったという。

「実は、杏も『花咲舞~』の出演を一度はOKし、それで話が進められていた。ところが、今年1月発売の『女性自身』(光文社)にそのことを報じられてしまい、情報が漏れていたことに杏サイドは大激怒、この話は白紙になってしまった。それでも日テレとしては人気女優である杏のキャスティングは手放せないため、別の作品で再度話がまとまったようです」(テレビ関係者)

 こうなった以上、日テレとしては『花咲舞~』以上の結果となるのを期待するしかなさそうだ。

最終更新:2019/05/17 06:00
こんな記事も読まれています

杏、7月ドラマ復帰の裏で『花咲舞が黙ってない』第3弾がお蔵入りになっていた!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

ラリー遠田が語る『平成お笑い史』

 3月15日、お笑い評論家のラリー遠田の著書『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴ...…
写真