杏『偽装不倫』、消えたイケメン韓国人設定と宮沢氷魚の顔面レベルに原作ファンが大ブーイング!

2019/07/14 06:59

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo
トップコート公式ホームページより

 原作ファンは色んな意味で納得できなかったようだ。

 7月10日に放送された杏主演のドラマ『偽装不倫』(日本テレビ系)の平均視聴率が、10.1%だったことがわかった。

 原作は『東京タラレバ娘』などで知られる東村アキコの同名漫画で、32歳独身の主人公が博多へ一人旅に向かう飛行機の中でイケメンに対し、「既婚者」だと嘘をついたことから始まるラブコメディ。しかし、原作での“肝”となる設定が変更されていたことで、ネット上ではブーイングが飛び交っている。

「原作ではこのイケメンが韓国人なのに対し、ドラマでは宮沢氷魚演じる日本人に変更されています。昨今は、日韓関係の冷え込みが深刻化している。また第1話では主人公が旅先で出会った男性に『不貞しませんか?』と提案されてあっさり抱かれてしまうという内容だっただけに、原作どおりに描けば『韓国人に日本人は簡単に抱けると思われる』などと、局やスポンサーにクレームが殺到した可能性が高かった。おそらく、それを見越して設定を日本人に変えたのでしょう」(テレビ誌ライター)

 しかし、政治とは裏腹に女性たちの間で韓流は浸透しており、韓国イケメンとの恋愛に胸キュンしていた原作ファンにとっては肩透かしとなったようだ。

 さらに、その設定以上にガッカリされているのが、「イケメン」役の宮沢の顔面偏差値の低さについて。ネット上では「まったくイケメンじゃない!チェンジで」「もうちょい顔がいい若手いなかったのか」「相手役がブサイクなうえに棒。杏は家に帰っても棒がいるのにかわいそう」「竹内涼真くらいじゃないと」と散々な言われようだ。

「当初、日テレは杏サイドと彼女のヒット作『花咲舞が黙ってない』の続編をオファーし、承諾を得ていた。しかし、正式発表前に情報が漏れて、一部週刊誌にすっぱ抜かれたことで急遽、杏サイドから変更要求が出て差し替えになったと言われています。そのため、思ったような配役ができなかったのかもしれません」

宮沢の父親は『THE BOOM』のボーカル・宮沢和史だが、今回ばかりは親しみやすい『島唄』な雰囲気よりも、現実感とかけ離れた世界観を視聴者は求めていたのかもしれない。

最終更新:2019/07/14 06:59

人気記事ランキング

続きを読む