日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小倉優香、水着終了もさらに露出

小倉優香、「水着終了」で業界騒然も……さらなる”過激露出”が期待できるワケとは?

エイジアプロモーション公式ホームページより

 小倉優香、水着やめるってよ!

 7月12日、グラビアタレントの小倉優香が自身のツイッターを更新。「今スケジュール入ってる撮影を終えたら、告知をのぞいて週刊誌、漫画誌での水着は終わりにします!」と宣言した。

 小倉といえば、 “リアル峰不二子ボディ”で2017年にグラビアデビューするや、たちまち漫画誌や週刊誌のグラビアを席巻。それと併行して、女性誌でモデルとして活動していたことから「モグラ」の筆頭格とされてきた。7月24日には2nd写真集の発売を控えており、この告知をかねたグラビアが週刊誌、漫画誌での最後の水着ショットとなるようだ。 

 しかし、週刊誌編集者は小倉のグラビア終了は「時期尚早」と言ってこう続ける。

「彼女はこれまでグラビアを売りにしていましたが、実際のところは写真集を1冊出しただけで、グラドルの“本業”とも言えるDVDは出しておらず、登場する媒体も絞っていたことで、『グラビアアイドル』としては中途半端な存在でした。またドラマ、映画、CMには多数出演しているわりにいずれもチョイ役、モデルとしても女性ファンが多いわけでもない。つまり、お茶の間には圧倒的に知名度不足で、いまだに『小倉優子』と間違える人も多い。ネット上でも『炭酸の抜けたコーラ』『取り柄がなくなる』との声が聞かれ、最大の武器である水着を封印して芸能界を生き抜くことができるか心配です」

 一方で、別の週刊誌編集者はさらなる“過激化”も期待できると語る。

「たとえば、『anan』(マガジンハウス)で肢体を見せた田中みな実のように、昨今の女性タレントは男性誌では露出したくないが、女性誌だったら脱ぐという傾向が強い。そのため小倉が挑戦的なグラビアを披露する可能性は十分ありえそうです。また、彼女は過去にツイッターの裏垢が発見され、そこではアイドルユニット・恵比寿マスカッツなどをフォローしていたそう。彼女が“アノ業界”への興味が強いことが伺われますから、もしかしたら……なんて妄想してしまいますね」

 グラビアファンは小倉の“水着以上”を待とうではないか。

最終更新:2019/07/15 17:55
こんな記事も読まれています

小倉優香、「水着終了」で業界騒然も……さらなる”過激露出”が期待できるワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真