日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ノンスタ井上、今度は騒音トラブル

ノンスタ井上、今度は騒音トラブルに好感度急落「コンプラ意識の低さ」で仕事激減の可能性

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

NON STYLE・井上裕介

 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が、自宅マンションで深夜に大騒ぎをし、警察が出動する近隣トラブルを起こしていたと、7月18日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 記事によると、7月7日の深夜、井上は自宅で後輩芸人や女友達とともに焼肉パーティーを開いていたという。しかし、焼き肉の煙を屋外に逃がすべく、窓を開けていたところ、室内での騒ぎ声が漏れ、耐えかねた近隣住民が通報。警官が出動し、井上を注意したというのだ。

 この件について、井上は女性セブンの直撃取材に対応。笑顔を見せながら、事の顛末を説明し、「今後は、窓を開けてはしゃがないようにします」とコメントしている。

「深夜の大騒ぎで警察が出動する近隣トラブルは、決して笑えるレベルのものではない。しかも、過去にも同様に大騒ぎをして、警察に注意されているということで、まったく反省していないようにも見えます。たしかに、井上さんはポジティブキャラではあるけれど、こういう態度なのはどうかと思いますね。ちょっとトラブルメーカーというイメージが強いし、強いバッシングになる可能性もあるので、今後はちょっと番組なんかで起用しづらくなるのでは?」(テレビ局関係者)

 井上といえば、2016年12月にタクシーへの当て逃げ事故を起こし、謹慎していたこともある。当時の様子を知るお笑い関係者はこう話す。

「井上さんは、危機管理能力に欠けるところがあって、タクシーに当て逃げしたときも、事の重大さがよくわかっておらず、そのまま走り去ってしまったということでした」

 当時の会見で井上は、「当たったのではないかなという感じはあった」としながらも、「どこか自分の都合のいいように解釈して、当たっていないのではないかと思い込んでしまい、その場を離れた」と説明していた。

「ポジティブな性格というよりも、完全に都合よく解釈するタイプ。周囲から何か注意されなければ、何をやっても問題ないと思っている節があるのでは。この感じだと、いつかとんでもない不祥事をやらかすのではないかとも心配です」(同)

 タレントに対して、私生活でのコンプライアンス意識が強く求められる昨今。あまりにもポジティブ過ぎる井上が芸能界で生き残るには、根本的な意識改革が必要となりそうだ。

最終更新:2019/07/20 00:00

ノンスタ井上、今度は騒音トラブルに好感度急落「コンプラ意識の低さ」で仕事激減の可能性のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真