日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 岡村への圧力?副社長が同席

岡村隆史への露骨な圧力? 吉本興業藤原副社長が同席のラジオに「怖すぎる」の声

岡村隆史

 吉本芸人に自由な言論は許されなくなった?

 7月25日に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、岡村が一連の吉本興業をめぐる騒動について語った。

「岡村は今回、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)にて幹部が退陣しなければ吉本を辞めると発言した加藤浩次に対し、『ちょっと待てと。今回の件で加藤浩次が辞める必要性なんてどこにもないんですよ』『勝手に言いますけど、加藤浩次は辞めません。恐らく現場の人間、吉本の人間もそれは辞めさせないと思います』と、引き留める気持ちがあることを明かしました」(テレビ誌記者)

 また岡村は、加藤とバラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で長年仕事を共にしてきたこともあり「吉本にいないといけない人間やし、いなくなったら困る。仲間やし、一緒にずっとやってきたから、辞めるって言われても嫌なんです」と熱弁した。

 しかし、今回のラジオに関して、岡村が吉本興業に忖度した疑惑が一部で浮上しているという。

「岡村は放送で『怖い顔で藤原副社長が見てますけども』と、吉本の藤原寛副社長が同席していることを明かしました。しかし、藤原氏はこれまでラジオに来ることなどまずなく、トークにも参加しなかったため、リスナーは『生放送で変なこと言うなよって圧力?』『わざわざ監視しにくるとか怖すぎる』とドン引き。ライターの能町みね子氏も、この件に関してツイッターで『藤原寛副社長がいるから「加藤は辞めさせません」って岡村さんが言わされた、っていう構図じゃん。もう露骨な圧力じゃん。怖すぎ』と語り、多くの“いいね”を集めるなど、吉本のパワハラ体質に再び疑惑の目が向けられています。もちろん岡村が加藤を思う気持ちは本心だと思われますが、それ以上の踏み込んだトークに関しては、副社長に気を使って制限していたのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

 加藤に近しい吉本芸人の中で、最も力があるのがナインティナイン。岡村が加藤に同調すれば吉本が割れる可能性があっただけに、副社長みずから睨みを利かせにきたと勘ぐられても仕方なかっただろう。

最終更新:2019/07/29 09:29
こんな記事も読まれています

岡村隆史への露骨な圧力? 吉本興業藤原副社長が同席のラジオに「怖すぎる」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真