日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > M−1や中堅芸人に黒い交際疑惑

あのお笑い芸人に”黒い交際”疑惑! M−1決勝芸人や飲食系の中堅芸人らに証言

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

吉本興業東京本社

 吉本興業の芸人による闇営業騒動を発端に、今一度スポットがあたっている芸人と暴力団との関係。8月5日発売の「週刊ポスト」(小学館)では、2009年まで吉本興業に所属していた元コメディNo.1の前田五郎が、過去の闇営業について告白している。

「前田氏は1980年代には週に何度もヤクザからの仕事を受けていたと話しており、中には吉本公認の仕事もあったといいます。古くは吉本と山口組が密接な関係だった時期もあったわけで、当然といえば当然のことなのだと思います」(ベテラン芸能記者)

 吉本はここ数年、コンプライアンス講習を頻繁に開催するなど、芸人に対する教育に力を入れているが、以前はヤクザと交流を持つ芸人もいたという。

「副業で飲食店の経営や“雇われ店長”をしている中堅芸人などは、少なからず裏社会の人々と交流があるとも言われています。また、ちょっと前ならキャバクラや、風俗案内所なんかでバイトをする芸人もいて、そういった夜のお仕事方面から裏社会とつながるようになった芸人も多かったと聞きます」(お笑い業界関係者)

 テレビに出るような人気芸人が裏社会とつながっているケースもあるようだ。

「M−1決勝戦にも出ているとある芸人さんなんかは、最近でもヤクザにかわいがってもらっているようですよ。“半グレはすぐにいろいろバラしてしまうけど、ホンモノの人はそう簡単にべらべら喋ったりしない”とのことで、本人はむしろ安心しているなんて話も聞きます」(同)

 また、反社会的勢力のパーティーでの闇営業において仲介役となったカラテカ入江慎也はこんなことを話していたとの証言もある。

「入江さんはよく“仲良くしておくべきは警察とヤクザ”と話していたみたいですね。商売をやる人がよく口にする常套句ではありますが、人脈を武器にビジネスをしていた入江さんなので、良くも悪くも顔が広かったのでしょう」(同)

 表に出てこないだけで、芸人とヤクザとのつながりは決してなくならないものなのかもしれない。

最終更新:2019/08/07 22:10

あのお笑い芸人に”黒い交際”疑惑! M−1決勝芸人や飲食系の中堅芸人らに証言のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

菅義偉首相“五輪強行”の思惑は

今週の注目記事・第1位「台本11冊を入手、開...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

366万票を獲得し、得票率では6割近くの支持を集めた現職・小池百合子氏。下馬評通り、今回...
写真