日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『モヤさま』に鷲見玲奈アナ拒否

テレ東『モヤさま』田中瞳アナ大抜擢の裏で、鷲見玲奈アナは出演を断固拒否か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

テレビ東京・アナウンサーパークより

 8月4日放送の『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)にて、4代目アシスタントが発表された。初代・大江麻理子アナ、2代目・狩野恵里アナ、3代目・福田典子アナからバトンを受けたのは今年入社の田中瞳アナだった。

「同番組といえば、さまぁ~ずが女子アナに“セクハラ”する演出がお約束。賛否はあるものの、“隠れた売り”になっていることは否めない。そのため、女子アナからは敬遠されていたようで、福田アナが卒業してからしばらくは代役アシスタントが対応していました。代役を女優やタレントが務めることもありましたが、やはり女子アナが出演していた回のほうが視聴率は高い傾向にあった。4代目が新人の田中アナに決まったことで、ネット上では『かわいい』『楽しみ』と歓迎の声が上がっています」(テレビ誌ライター)

 しかし一方で、ネット上では“爆乳”で知られるエースの鷲見玲奈アナを熱望する声が圧倒的だった。しかし、彼女は番組出演を断固拒否した可能性があるという。

「鷲見アナといえば、推定Gカップとも言われる女子アナ界随一の美バストで一躍注目を浴び、人気を博しました。最近も8月6日の情報番組『よじごじDays』でプール中継した際のバストの揺れには『神回』『バストに地震が起きた』と視聴者をざわつかせていました。その双丘がさまぁ~ずのイジリで揺れ弾めば、視聴率アップは確実。しかし、最近の鷲見アナはバストばかりが話題になることにうんざりしているそうで、周囲も対面した際に胸元を凝視するのを避けるようにしているといいます。彼女にとって『モヤさま』は最も出たくない番組だったのでは」(週刊誌記者)

 田中アナには鷲見アナをしのぐ艶演出で、大いに話題を振りまいてほしいものだ。

最終更新:2019/08/10 13:54

テレ東『モヤさま』田中瞳アナ大抜擢の裏で、鷲見玲奈アナは出演を断固拒否かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

フワちゃんを真正面から受け止める黒柳徹子

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真