日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 三村のセクハラで女子アナ拒否

三村マサカズのセクハラで女子アナの鬼門に!『モヤさま』後任アシスタントがなかなか決まらぬ内情

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

テレビ東京公式サイトより

 4代目は女子アナでないかも?

 6月16日放送の『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系、以下『モヤさま』)の代役アシスタントを女優の筧美和子が務めた。

 同番組は、3代目アシスタントを務めた福田典子アナが5月26日放送で卒業。4代目のアシスタントは、8月の放送で合流するため、それまでの期間は、代理のアシスタントが週替わりで登場することとなっている。

『モヤさま』といえば、さまぁ~ず三村マサカズのセクハラがたびたび話題となり、6月9日に代役を務めた元同局の大橋未歩も「尻トレーニング」で、その洗礼を浴びていたものだった。

「筧はド迫力ボディを売りにしていることもあり、三村に『女優さんですか?』と質問されると、ジャンプで返答。みずから積極的に胸を揺らしていました。また、トレーニングシーンではその“ボディライン”がこれでもかとアップになっていましたが、水着グラビア経験もある筧にとってはフツーのこと。“女子アナの恥じらい”を楽しみにしていた視聴者には物足りなかったようです」(テレビ誌ライター)

 そんななか、6月20日発売の「週刊新潮」(新潮社)が、4代目アシスタントに関する舞台裏を報じている。

「福田アナはまじめすぎる性格ゆえ、さまぁ~ずのセクハラ的な接し方に面食らっていたそう。カメラが回っていないときには会話がないことも多く、福田アナが泣いている姿をスタッフが目撃していたとも。そうした福田アナの姿を見ていた同僚アナにとって、『モヤさま』は登竜門ではなく鬼門になっているため、なかなか後任が決まらないのだとか」(週刊誌記者)

 事実、2代目アシスタントの狩野恵里アナは、ツイッターで卒業する福田アナに「悩んで悩んで人知れず泣いた日もたくさんあったろうと思います」「これからはNo pressureで毎週日曜思いっきり笑って楽しもう!」と励ましのメッセージまで送っていた。

 もしかすると、筧がそのままレギュラー出演する可能性もありそうだ。

最終更新:2019/06/21 09:59

三村マサカズのセクハラで女子アナの鬼門に!『モヤさま』後任アシスタントがなかなか決まらぬ内情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真