日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > N国に狙われるマツコの遠因

N国に狙われるマツコ・デラックス、遠因に「元SMAP批判」説が浮上

マツコ・デラックス

「N国」ことNHKから国民を守る党の立花孝志代表が大暴れしている。

 先日の参院選で1議席を獲得し、政党要件を満たしたことで俄然勢いに乗る同氏は、次なるターゲットを、”芸能界の新御意見番”マツコ・デラックスに定めたようだ。

 発端は7月29日放送のTOKYO MX『5時に夢中!』でのマツコの発言だった。マツコが同党の躍進に「気持ち悪い人たち」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いるんだろうな」と述べたところ、立花代表が激怒。

「選挙で投票してくれた人に、『ふざけてる』とか『気持ち悪い』とか、それを公共の電波で言ったらダメだろう」と訴え、今月12日にはTOKYO MXのスタジオ前に乗り込み、抗議活動を行った。

「完全に威圧行為。それでもメディアが取り上げるから、面白おかしくなってしまう。立花氏はマツコさんが生出演する毎週月曜日に必ずやって来ると宣言していますが、局側はすでに警察に相談しているようです」(テレビ関係者)

 マツコが狙われたのは、ここにきて急速にアンチが増殖していることと無関係ではない。

 公正取引委員会は先日、ジャニーズ事務所に対し、元SMAPの3人(稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)をテレビ出演させないよう”圧力”をかけた疑いがあるとして、注意処分を課した。

 これにマツコは「週刊文春」(文藝春秋)で、ジャニーズどうこう関係なく、元SMAPの3人では「単に魅力がない」とバッサリ。「木村や中居とはマンパワーが違う」とまで言ってのけ、ファンから猛批判を受けている。

「マツコは別の週刊誌で文春記事は『都合よく切り取られたもの』と釈明していましたが、ファンの反発は収まる気配がありません。こうした空気感に敏感なのが、N国。北方領土で泥酔騒動を起こした丸山穂高衆院議員や、ジャーナリストの上杉隆氏などが合流し、現在はなかなか香しい布陣になっている。彼らはアンチの多い大物タレントを狙い撃ちして、支持者を増やそうしているだけ。生贄を探しているのでしょう」(スポーツ紙記者)

 このほか、N国はフジテレビ系『バイキング』MCの坂上忍や、元宮崎県知事の東国原英夫氏をターゲットにしているという。炎上商法、ここに極まれり?

最終更新:2019/08/15 17:30
こんな記事も読まれています

N国に狙われるマツコ・デラックス、遠因に「元SMAP批判」説が浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真