日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 丸山桂里奈、泥酔投稿に苦言

丸山桂里奈、深夜に酩酊状態でのポエム投稿に「こっちが恥ずかしくなる」の苦言相次ぐ

丸山桂里奈公式インスタグラムより

 元サッカー女子日本代表の丸山桂里奈のインスタグラム投稿が話題になっている。

 バラエティー番組にも数多く出演し、最近ではタレントとして人気を博している丸山。13日にインスタグラムを更新し、「たまにはね。こんな日も。会いたいけど会えない人がいて でもいつも見守ってくれるから頑張れたりして、、、」とつづり、自撮り写真を投稿した。

写真の丸山は頬を赤らめ、心なしか目つきもとろんとしているが、さらに「明日も頑張れる力や元気がそこにはあって、支えてくれる人がいて、だからこそ笑顔でいたいなと感じる」と、ポエム風にコメント。最後には「明日もがんばりましょー笑顔で楽しむありがとうの気持ち」と結び、ハッシュタグでは「#酔っ払い」と記し、酩酊状態で投稿したことを匂わせた。

 この投稿に対し、丸山のインスタグラムには「凄く素敵です!」「眠たそうな顔が可愛い!」という声が集まったものの、ネット上からは「酔いが覚めたら恥ずかしいやつよね…」「翌朝消したくなるやつ」「こっちが恥ずかしくなる!酔ってSNSはやめたほうがいい!」といった苦言も寄せられていた。

 翌日もこの投稿が削除されることはなかったが、あまりに意味深な言葉の羅列にフォロワーも困惑していた。

最終更新:2019/08/15 23:00
こんな記事も読まれています

丸山桂里奈、深夜に酩酊状態でのポエム投稿に「こっちが恥ずかしくなる」の苦言相次ぐのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

レイプ殺人や自殺が相次ぐ地域って!?

 人間が住むべきではない土地がある。そんな土地に人間を強制移住させたら、どんなことが...
写真