日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 田中みな実、純白下着の艶技

田中みな実、本格女優を目指した原点「18歳のBカップ純白下着」出演映画の艶技

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

田中みな実

 年内にも彼女の肩書は“フリーアナウンサー”から“女優”になるかもしれない。

 10月スタートのドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)に田中みな実が出演することがわかった。

 田中といえば、バラエティ番組で活躍するかたわら、今年はドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)、『ルパンの娘』(フジテレビ系)、『奪い愛、夏』(AbemaTV)に出演するなど、女優業も本格的にスタートさせている。

「『絶対正義』ではキス&ベッドシーンに体当たりした田中ですから、今回も熱演を期待したいところですね。彼女が演じるのは地元の北海道でコミュニティーラジオのパーソナリティー。他人にどう思われても構わないという芯の強さを持つゆえに、仕事の目標と恋愛の間で揺れ動くという設定のようです。先日のラジオ番組で田中は『氷の口移し』経験も披露していましたが、そんな体験が物怖じしない演技に繋がっているのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 そんな田中の女優としての“原点”を週刊誌記者が明かす。

「彼女は18歳だった青山学院時代に、自主制作映画『マリアンヌの埋葬』で女子高生役で主演しています。映画は若者の行きずりの情事を描いており、作品は男性と入ったラブホテルのシーンからスタート。ベッドの下に散らばった純白のブラを田中が足の指で拾うと、そのブラをゆっくりと身にまとい、10秒間にわたり胸の谷間がバッチリとバストアップで映し出されます。後に『an・an』(マガジンハウス)で肘ブラヌードを披露したEカップバストと違い、このときはまだ熟していないBカップでしたね。さらに、物語のラストのほうに登場する行きずりでは『セックス』とい単語を叫ぶシーンをなんなくこなしています」

 原石の輝きを放っていた彼女の艶技は、14年の刻を経て、大きく花開きそうだ。

最終更新:2019/08/26 22:00

田中みな実、本格女優を目指した原点「18歳のBカップ純白下着」出演映画の艶技のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真