日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 富士山の落石で死亡事故

富士山の落石で死亡事故「登るヤツはバカ?」 大ブームの夜間登山は危険だらけだった!

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

イメージ画像(Photo by acworks)

 26日、富士山の登山道で登山客の女性に落石が当たり、女性は死亡した。近年の富士山ブームは凄まじく、登山客数は例年30万人前後にも上るが、実態を知れば、登るのをためらうような現実がある。

 事故は富士山の山頂付近で起きた。亡くなった女性は午後9時に登山を始め、午前5時頃、山頂まであと少しという場所までたどり着いたが、落石が胸に当たり死亡した。学生時代に山岳部に所属し、富士山にも何度も登ったことがあるスポーツライターはいう。

「登山は日が暮れたら動かないのが鉄則ですが、富士山は地形が単純で、登山道も分かりやすいので、夜を徹して登るのが当たり前になっています。しかし、登山道には安定していない岩がゴロゴロと転がっている場所があり、ここは危険です。それゆえ、そういった場所にはロープが張られていますが、登山客が多すぎて渋滞するため、ロープ外を歩いて追い抜こうとする人間が多く、小さな落石事故はしょっちゅう発生しています」(スポーツライター/以下同)

 誰でも登れるイメージの富士山だが、1980年8月には山頂付近で大規模な落石事故が発生し、死傷者が40人以上出たこともある。また、山には山のルールがあるが、それを知らない人間が多いのも事故を生む一因だ。

「山では、落石を起こしたら大声で『らくせき!』『らーく!』と叫ぶのが決まりですが、それを知らずに登っている登山客が大半でしょうし、夜なら声が掛かっても目視できません。第一、富士山は登山客だらけで、自分のペースで歩くのが不可能なぐらい混んでいますから、石が落ちてくるのが見えても避けようがないと思います。

また、登山客の中には傘をさして登っている人がいますが、あれも危険です。山では突然突風が発生することがあり、ビニール傘など一発で壊れます。両手を空けておかないと、とっさの事態に対応できないので、本人も危険ですし、壊れた傘が飛べば、周囲の人間はケガをするでしょう」

 落石の可能性はいくらでもあるのに、発生したら避けようがないとは、恐ろしくてしょうがない。今回の事故では、「私が石を落としたかもしれない」と名乗り出た人物も現れたが、その人物は罪に問われるのか?

「落石事故は、“誰かが1つの石を落とし、その石が誰かに当たる”という単純なものではなく、“小さな石が落ち、より大きな石がグラリと揺れ、それまで均衡を保っていた岩々が一気に崩れ……”といった形で起きるものが大半です。その因果関係は証明できませんし、現場も暗かったので目撃者を探すのも難しいはず。罪を問われることはないのでは」

 どんなスポーツや娯楽にもリスクは付き物だが、最低限のルールさえ知らない・守らない人間が溢れかえる状況は、まさに恐怖。富士山は「一度も登らぬバカ、二度登るバカ」と言われるが、今の状況では、何回目だろうが“登るヤツはバカ”といった事態になりかねない。

 

最終更新:2019/09/02 12:38
関連キーワード

富士山の落石で死亡事故「登るヤツはバカ?」 大ブームの夜間登山は危険だらけだった!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真