日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 土屋太鳳が登山企画をやるワケ

土屋太鳳が『24時間テレビ』の登山企画を引き受けざるを得ないワケ

ソニー・ミュージックアーティスツ公式ホームページより

 女優の土屋太鳳が8月24・25日に放送される日本テレビ系のチャリティー特番『24時間テレビ 愛は地球を救う』内で、氷河に覆われたスイスの4,000メートル峰ブライトホルンに登頂することがわかった。

 ブライトホルン(標高4,164メートル)は、スイスとイタリアの国境にあるヴァリス山群の山。万年雪と氷河で覆われ、頂上からは4,000メートル級のアルプスの山々をぐるりと臨む絶景を見ることができる。

「アルプスの4,000メートル級の中では最も登りやすい山とされていますが、イタリア側の標準ルートは35度の雪の斜面を登るまで氷河の高原が続き、慣れていない登山者が雪庇や悪天候に遭遇すると、厳しい困難に直面する場合があります。『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でのイモトアヤコの登山企画に感動と元気をもらっていたという土屋は、『私も勇気をお届けできるように気を引き締めて臨みたい』と意気込みを語っています」(スポーツ紙記者)

 運動神経抜群の土屋だが、ネット上では「色々全力で頑張りすぎないで」「イッテQのスタッフかな?心配だな」「イモトがガンガン登ってるから山を甘く見てる人多くなってないか」「高山病に気をつけてほしい」などと、不安の声も多い。

「土屋は16年10月にTBS系『オールスター感謝祭』内の『赤坂5丁目ミニマラソン』に参加し、放送事故になりかねない失神寸前まで激走。最終的に女性トップの8位で入賞し、出演ドラマをアピールすると、“命がけの番宣”と視聴者の感動を呼びました。一方で、『イッテQ』といえば、最近は出演陣が体を張りすぎて、大けがをするタレントが続出している。無理をさせるスタッフと頑張りすぎる土屋の組み合わせですから、大事故につながらないか心配です」(芸能記者)

 人気女優の土屋がここまで過酷なロケを引き受けたのも意外だが、この芸能記者はこう続ける。

「5月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)の『私たちが“嫌いな女”アンケート』企画にて、土屋は女優部門で2位にランクインしています。最近は『頑張ってますアピールがすごい』『インスタに結構な頻度でイケメン俳優とのツーショットを載せる』といったところが鼻につくと、女性たちからの支持はダダ下がり状態。ここらでもう一度、好感度を持ち上げようという土屋サイドの戦略も感じます」

 土屋が“失神登頂”なんて放送事故を起こさなければいいのだが……。

最終更新:2019/08/05 12:00
こんな記事も読まれています

また放送事故寸前に? 土屋太鳳が『24時間テレビ』の登山企画を引き受けざるを得ないワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真