日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『べしゃり暮らし』の芸人あるある

『べしゃり暮らし』半裸で雪の夜道を歩く破滅型芸人の姿に、早逝した昭和の落語家を思い出す

 

テレビ朝日『べしゃり暮らし』

 8月25日に放送された『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)の第5話。エピソードの1つ1つが現実世界とリンクし、観ていてつらさを感じる瞬間もあった。

第5話あらすじ 雪が降る夜道に半裸で飛び出した中堅芸人

 上妻圭右(間宮祥太朗)の“天然な面白さ”をデジタルきんぎょの金本浩史(駿河太郎)は認めている。一方、金本の相方・藤川則夫(尾上寛之)は「エセ関西弁のせいで面白さが半減している」と指摘。やめろと注意するよう辻本潤(渡辺大知)に促していた。しかし、圭右の過去を知る辻本は、そのダメ出しが相方の人生を否定するように思え、言い出せないでいる。

 漫才日本一を決めるコンテスト・NMC(ニッポン漫才クラシック)の会場で、圭右は藤川の妻・尚美(黒坂真美)と息子の球児に出会った。かつては自分より人気が先行する金本に嫉妬した藤川だったが、妻の悪口で笑いを取る自虐ネタでブレーク。そんな芸風の父を嫌う球児は会場から出ようとするが、「お前の父ちゃんが一番面白いからよく見ておけ」と、圭右は引きとめる。イベント終了後、デジきんの楽屋に行った球児は父に「お父ちゃんの漫才、ごっつおもろい!」と伝え、藤川は涙を流した。その後、圭右の言葉遣いを聞いた藤川は「その変な関西弁、やめたほうがええ」と忠告する。

 翌日、藤川は1人で酒を飲みながらNMC結果発表を待っていた。そして、デジきんが決勝進出したと連絡を受けた藤川は大喜び。服を脱ぎ始め、雪が降る夜道に飛び出していった。そのまま階段に座り込んだ藤川は眠り込み、藤川の体の上に雪が降り積もった。

「1回しか言わんぞ」尾上が念を押した意味

“あるある”という視点から、第5話を振り返っていきたい。

 関東で育ったお笑い好きが好きな芸人に影響を受け、エセ関西弁を話すのは昔からのあるあるのひとつだ。それを間宮にやめさせるよう、尾上は渡辺に強く言った。しかし、渡辺は言い出せない。間宮のこだわるデリケートな部分だとわかっている。衝突を嫌う渡辺は指摘できないでいるのだ(小芝風花とのコンビも、好きになった小柴と衝突して嫌いになりたくないから解散を選んだ)。後日、まだ渡辺が間宮に注意していないと知った尾上は、本人に直接切り出した。

「1回しか言わんぞ。自分、その変な関西弁、絶対やめたほうがええ」

「1回しか言わんぞ」が、後に起こる展開への重大な伏線になっている。

12
こんな記事も読まれています

『べしゃり暮らし』半裸で雪の夜道を歩く破滅型芸人の姿に、早逝した昭和の落語家を思い出すのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...
写真