日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > べしゃり暮らし騒動で爆死危機

間宮祥太郎の主演ドラマ『べしゃり暮らし』、吉本興業騒動の余波で爆死危機に!

テレビ朝日公式ホームページより

 放送のタイミングが悪かった?

 間宮祥太朗が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『べしゃり暮らし』が7月27日にスタートし、初回平均視聴率が2.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 同ドラマは『ろくでなしBLUES』などのヒット作を持つ森田まさのり氏の同名漫画が原作で、高校生漫才コンビの成長を描く青春物語。ドラマには間宮と渡辺大知のコンビ「きそばオートマティック」のほか、複数の漫才コンビが登場する。

「森田氏はこの作品を書くために、吉本興業の養成所NSCに入所。昨年の『M-1グランプリ』に出場してベストアマチュア賞を獲得しています。間宮はダウンタウン・松本人志と『タウンワーク』CMで共演していますが、その際、アドリブに素早く反応し、松本から頭の回転を褒められています。また役作りにあたっては、親交のある千鳥・大悟と飲みにいって相談していたといいます」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、前クールに放送された『東京独身男子』の初回5.7%の半分にも満たないため、数字としては物足りない出足だ。

「原作では吉本がモデルのお笑い事務所が登場、そこに所属する重鎮たちも実在の人物を意識いて描かれている。そのため、昨今の吉本騒動に嫌気がさした視聴者層に敬遠されてしまったのかもしれません。また、ドラマと連動して現在『ヤングジャンプ』(集英社)誌上で連載を再開されていますが、そこでは大手お笑い事務所“ヨシムラ”に干された若手芸人が路上ライブからみごと復活してスポットライトを浴びるというタイムリーな話も描かれています。ドラマに吉本芸人が関与していたらまたひと騒動起きそうですが、演出を手掛けているのは太田プロ所属の劇団ひとりということで、ギリギリセーフとなりそうです(笑)」(放送作家)

 同枠の『おっさんずラブ』は初回2.9%から社会現象を起こしたが、『べしゃり暮らし』もここから挽回し、視聴者を大爆笑させることができるか。

最終更新:2019/08/05 12:05
こんな記事も読まれています

間宮祥太郎の主演ドラマ『べしゃり暮らし』、吉本興業騒動の余波で爆死危機に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真