日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 田口逮捕劇で麻取が暴走した理由

元KAT-TUN・田口淳之介被告カップルの逮捕劇で麻取が“暴走”してしまった理由

田口淳之介

 大麻取締法違反(所持)の罪に問われたアイドルグループ・KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介被告と、交際相手で元女優の小嶺麗奈被告の判決公判が21日、東京地裁で行われ、それぞれ懲役6月、執行猶予2年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。

 起訴状によると、2人は今年5月22日、東京都世田谷区内のマンションで、乾燥大麻約2.2gを所持したとされる。

 2人は7月11日の初公判でいずれも起訴内容を認め、検察側は懲役6ヵ月を求刑。弁護側は執行猶予付きの判決を求め結審。当初、同30日に判決が言い渡されるはずだったが、検察側の請求で延期に。

そして、この日の公判でその理由が、2人を逮捕した厚労省関東信越厚生局麻薬取締部(麻取)が両被告の自宅を家宅捜索し、証拠の大麻を押さえをした際、撮影した動画をマスコミ関係者に提供していたことが発覚。そのため、検察側が、証拠能力の是非を検証していたことが明らかになったのだ。

「検証の結果、問題がなかったから良かったが、すでに大問題に発展。麻取の上部機関による事情聴取が行われているようだ。動画には2人が手錠をかけられているシーンもあるというから、どこかでその映像が流れていれば重大な人権侵害として、両被告の弁護人が放送倫理・番組向上機構(BPO)に申し立てをしていただろう」(司法担当記者)

 麻取のみならず、警視庁でも薬物事犯での逮捕時や家宅捜索の様子を撮影した動画を報道番組で放送するのはこれまでにもあったケース。しかし、今回は明らかに麻取が“暴走”してしまったようだ。

「逮捕の様子を報道させるのは、両捜査機関の仕事ぶりのアピールや、薬物事犯防止の啓発にとって重要な意味があるから。しかし、その場合、名も知れぬ人の顔にしっかりモザイクをかけた映像を報じるのでどこの誰だか特定できない。しかし、田口・小嶺両被告の場合、モザイクをかけたとしてもバレバレだろう。麻取は今年3月、ピエール瀧を大麻で逮捕する大捕物でその存在をアピールし勢いに乗っている。それに引き続いての田口・小嶺両被告の逮捕だっただけに、お茶の間の視聴者のみならず、ある意味で“ライバル”の警視庁にもアピールしたかったのでは」(全国紙社会部記者)

 麻取の不祥事が大々的に報じられてしまっただけに、今後、担当者にはそれ相応の厳しい処分が下されそうだ。

最終更新:2019/10/21 21:00
こんな記事も読まれています

元KAT-TUN・田口淳之介被告カップルの逮捕劇で麻取が“暴走”してしまった理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真