日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 吉岡里帆、Mステ出演で批判殺到

吉岡里帆、『Mステ』でのKYすぎる大はしゃぎで女性アンチからフルボッコ!

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

吉岡里帆

 同性からの好感度はまたしてもダダ下がりだ。

 10月25日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に女優の吉岡里帆が登場。自身が出演するドラマ『時効警察はじめました』の主題歌「公然の秘密」を担当している椎名林檎がテレビ初披露するということで“応援ゲスト”として呼ばれたようだ。

「吉岡は小学生の頃から椎名の大ファンだといい、『先ほどご挨拶させていただいたのですが、たじろいでしまうぐらい心から愛しています』と椎名愛をアピール。椎名の楽曲『ありあまる富』の言葉に『何度も救われている』としみじみ語っていました。また、椎名がフォーマンスを終えるや、『キャー、最高!』『ヤバいです。とろけました!』と涙を浮かべる一幕も。応援というよりは『ガチオタ』ぶり全開のはしゃぎようでしたね」

 その結果、女性が集まるネット掲示板では「ドン引きしちゃった」「松岡茉優や蒼井優のオタキャラを見てオイシイと思ったのか」「吉岡里帆のコメントが本当にいらなかった!」「ファンなのはわかるけど、空気読まなすぎだと思った」といった辛らつなコメントが噴出することに。

 さらに、放送前には吉岡のSNSに寄せられたアンチから次のような厳しい言葉を浴びせられていた。

「時効警察では主役でもないのにMステまで番宣ねじ込みすぎ。何も知らない人はあなたが主演だと勘違いするし、時効警察ファンは泣くと思う。Mステではせいぜいいつもの空気を読まない言動は慎んでいただきたいです」

 これに対する吉岡のリプライは――。

「わかりました。嫌な思いをされないよう気をつけて出演させて頂きます。皆様お忙しいので、沢山の方にドラマを見て頂くために後輩が番宣するのはとても大切な仕事です。そこだけは分かって頂けると幸いです」

 とかく、その言動が女性たちから嫌われやすい吉岡。気をつけて出演はしていたのだろうが、“生椎名”を見てテンションの昂ぶりを押さえ切れなかったようだ。

最終更新:2019/10/27 17:30

吉岡里帆、『Mステ』でのKYすぎる大はしゃぎで女性アンチからフルボッコ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真