日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山口真帆が削除した投稿に衝撃事実!?
【「おたぽる」】

山口真帆“つながり報道”にSNSで反撃! 現メンバーの音声データ、犯人が運営と交渉……削除した投稿に衝撃事実!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

削除されたインスタのストーリーに新事実!?

 そのほかネット上では、山口が投稿したインスタグラムのストーリー(現在は削除済み)のキャプチャ画像も拡散。山口は当時について「意味わかんなくて何のポーズか聞いたら、いいからいいからと言われて時間内にどんどん撮らされたの覚えてます。今覚えば計画的犯行すぎて怖すぎます」と振り返った。

 さらに、「暴行も全部認めたし、私との繋がりはないから警察署で『俺が持ってる他のメンバーのスキャンダル売ったらNGT終わりますよ?』って運営と交渉しようとしてたのに、[警察から聞いた]お金請求されたら私のせいにして運営と結託して免れようとしてるの怖すぎ[保護者会の音声で裁判前に運営と犯人がコンタクト取ってるの確認済みだし、AKSの人から聞いた]」と、不快感を訴えている。

 この山口の反論により、現在スポニチのTwitterには批判コメントが殺到。山口には「怒って当然」「あまりにも悪意に満ちあふれている」「あんなもんで繋がりの証拠なんだったらツーショット撮影会参加した全てのファンがアイドルと繋がってるしAKSが守ってる黒メンだってファンと繋がってることになる」「まほほん、よく言ってくれた!」と応援コメントが相次いでいる。

 一方で、怒涛の反撃には「いいのかなあ今裁判中なのに」「事務所に怒られないのかな」「お願いだから、もう一人で闘おうとしないで」「まほほんが矢面に立つ必要ないよ。事務所に任せましょう」「まほほん、一旦落ち着こう」と心配の声も寄せられているようだ。

 現メンバーと犯人との私的交流を認める証拠となる音声の存在や、スキャンダルをネタに犯人が運営を脅迫しようとしていたことなど重要な事柄が明らかとなった今回の山口の反論。11月25日には次の弁論準備手続きが控えているが、彼女が所属する研音は今後、どう動くだろうか。

最終更新:2019/10/31 05:45
12

山口真帆“つながり報道”にSNSで反撃! 現メンバーの音声データ、犯人が運営と交渉……削除した投稿に衝撃事実!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真