日刊サイゾー トップ > 芸能  > 徳井の騒動で思い出す西原理恵子伝説
【おたぽる】

チュートリアル徳井義実の申告漏れ騒動で思い出す、漫画家・西原理恵子の「脱税できるかな」伝説

【おたぽるより】

『できるかなV3』

 東京国税局から1億円を超える巨額の申告漏れや、2000万円にも及ぶ所得隠しを指摘されて、活動を当面自粛することになってしまったお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実。

 スポットライトを浴びて、お金が儲かれば税務署は確実に目を付けるもの。それは、芸能界のみならず、マンガやアニメ業界などでも変わらない。

 そんな中で、税金を巡る伝説で知られるのはマンガ家の西原理恵子。その税務署との攻防は『できるかなV3』(扶桑社)に「脱税できるかな」として収録されている。ここで描かれているのは申告漏れではなく、完全に脱税である。領収書の金額にゼロを加えたり、存在しないアシスタントの雇っていることによって経費を水増し。

 当然、税務署がやってきて1億円の追徴課税を要求されるのだが、西原は徹底抗戦をする。最初は「5000万円ならば」と減額してきた税務署にも首を縦に振らず、最終的には1億円が1500万円に減額されたのである。

 こんな強引な決着の仕方ができたのも、西原の作風によるものというほかはない。人気商売であり、最近は一般人以上の品行方正さが求められる芸能人。それは徳井も例外ではない。対して、西原はそんなトラブルもマンガのネタにできる「ヨゴレ」だし、作品を通じて脱税が批判されないキャラクター性がある。世の中、悪評をもネタにするぐらいの強烈な人のほうが税金も安くて済むということか?

 西原の事例はごくごくまれだが、税務署と攻防を繰り広げているマンガ家というものは意外に多い。

「週刊連載をしていたら収入が増えたので税務署が調査にやってきたのですが、アシスタントを4人も使っているのはおかしいというんです。自分はそうでなくては描くことができないと説明したのですけど、多すぎるのではないかと何度もいうもので最後は大げんかですよ」(中堅マンガ家)

 さらに問題になるのは経費。これはマンガ家やライターなどは確実に体験していることだろうが、情報を得るために購入した本や映画、旅行費用などの扱いに頭を悩ませたことがある人は多い。なにしろ、どこにアイデアの種やネタは転がっているかわからないもの。仕事をしている時だけでなく24時間、原稿のことを考えている時に使ったお金はみんな経費になってよいはずなのだが……。
(文=大居 候)

最終更新:2019/11/03 05:45

チュートリアル徳井義実の申告漏れ騒動で思い出す、漫画家・西原理恵子の「脱税できるかな」伝説のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

田中みな実の快進撃が止まらない!?

 今回取り上げるのは、田中みな実だ。かつては...…
写真
インタビュー

人力舎の”若手”アンダーパーに注目

 芸歴5年目、なのに全員オーバー30という、人力舎の”若手”トリオコント師「アンダー...
写真