日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > ホリエモン、盗撮に激怒も大炎上

ホリエモン、「大阪に対してヘイト的?」品川駅での盗撮被害にあきれるも逆に大炎上

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

堀江貴文

 実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が盗撮行為に苦言を呈したものの、逆に批判を浴びている。

 普段から過激な発言が多いことで知られている堀江氏だが、4日にツイッターを更新し、「新幹線品川駅で大阪のおばちゃんに盗撮されたので注意したら、なんで撮っちゃダメなんだ的な顔をされたので強い口調で注意したら半ギレ気味に謝ってきたので反省してないなと注意したら連れのおっさんまでキレてきてもう大変」と、盗撮トラブルに遭ったことを報告。「モラルないんかなこの人ら」とあきれていた。

 続けて、堀江氏は「しかも捨て台詞が『ファンじゃないのに撮ってしまいました』とか、大声で『ごめんなさーい』とか騒ぎ出してマジキチ」と相手の悪態について言及し、「全く反省してない」とうんざりした思いを記していた。

 しかし、この投稿にネットからは、「この書き方ではヘイト(モラルがない人=大阪のおばちゃんに決まってる、と言う思い込み)に繋がるんじゃない?」「マナー違反を告発したいのは分かるけど、大阪に対してヘイト的すぎる」「関西弁ってだけで、ほかの県かも知れないのに、なんで大阪って決めつけるの?」といった指摘が続出した。

 盗撮行為自体には同情の声が集まっていたが、堀江氏の物の言いように疑問を覚える人も多かったようだ。

最終更新:2019/11/07 12:00
関連キーワード

ホリエモン、「大阪に対してヘイト的?」品川駅での盗撮被害にあきれるも逆に大炎上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

「サイゾー筋トレ部」始動!

腹筋インストラクター・腹筋王子カツオさんが、自宅でできる簡単筋トレを紹介!
写真
人気連載

安倍政権が負のスパイラル

今週の注目記事・第1位「安倍首相『大物秘書』...…
写真
インタビュー

『死霊の盆踊り』ほか珍作映画

 日本におけるサイテー映画の歴史の発火点となったのが、米国映画『死霊の盆踊り』(原題...
写真