日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉の熟女好き説に内助の功

鈴木京香と相性抜群!? 木村拓哉「熟女好き」説の裏に妻・工藤静香の“内助の功”

木村拓哉

 高視聴率の裏に“あの人”の存在が⁉

 11月10日に放送された木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』第4話の平均視聴率が13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となり、番組最高視聴率を更新した。

『グランメゾン東京』はパリに自分の店を持ち、二つ星を獲得しながら、慢心によって店も仲間も失ってしまった尾花夏樹(木村)が主人公。尾花が女性シェフ・早見倫子(鈴木京香)と出会い、シェフとして再生していく姿を描いている。

「キムタクドラマでは珍しい年上のヒロインが奏功しています。作中ではお互いが『おじさん』『おばさん』と言い合っていますが、いつもカッコいい役を演じてきたキムタクをおじさん呼ばわりしていることで、視聴者も等身大の役として入り込めている。2人は、2007年のドラマ『華麗なる一族』(TBS系)以来12年ぶりの共演ですが、鈴木は『相変わらずいろいろなシーンにアイデアを盛り込んでくださって、すごく助けられています』とキムタクに全幅の信頼を寄せています」(スポーツ紙記者)

 最近のキムタクドラマのヒロインは、竹内結子、石田ゆり子など熟女女優が目立つ。一部では「木村は熟女好き」との声も飛び交っているが、その裏事情をテレビ関係者が明かす。

「『華麗なる一族』では、鈴木は木村の敵側の役でした。そのため、どんな表情や言い回しをすれば主人公を怒らせることができるのか毎回考えて演技していたことで、撮影後、木村が『本当に殴りかかりそうになる……』と漏らしていたほど険悪な関係だった。その話がドラマ関係者に伝わり、2人は周囲の忖度で共演NGとなっていたほど。しかし、今回共演となったのは、木村の妻である工藤静香の意向があったようです。

 工藤は、木村のドラマヒロインは40歳以上の女優のほうがいいと考えているのか、連ドラのヒロインを『熟女縛り』にするよう助言しているとの話を聞きます。工藤は自身のインスタグラムに手料理の写真をアップするたびに『汚料理』『魔女の料理』とバッシングを浴びていました。しかし、今作で木村が天才シェフを演じているとあって、そのイメージを崩さないよう、最近は手料理の公開を控えています」

 SMAP解散後はイメージダウンで不人気となった木村だが、妻の内助の功で再び視聴率男に返り咲いたようだ。

最終更新:2019/11/13 10:30

鈴木京香と相性抜群!? 木村拓哉「熟女好き」説の裏に妻・工藤静香の“内助の功”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真