日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 松坂大輔で西武球団のソロバン勘定

松坂大輔が古巣復帰、“不良債権”を買い取った西武ライオンズがはじくソロバン勘定

 中日を退団し、去就が注目されていた松坂大輔だが、14年ぶりに埼玉西武ライオンズに戻ることがほぼ確定。来年には40歳を迎える松坂は、もう一花咲かせる場として古巣を選んだ。

 甲子園春夏連覇、甲子園決勝でノーヒートノーラン達成など、数々の輝かしい記録を高校時代に打ち立て、プロ入り後もすぐに大活躍した“平成の怪物”松坂。その後、破格の好条件で渡米した後も、期待に違わぬ成績を残したが、30代に入って不遇のシーズンが続くことに。

 結局、数年間何もできず、失意のまま帰国し、ソフトバンクと3年契約を結んだものの、1軍登板はわずか1試合。中日に移籍した2018年には6勝を上げ、カムバック賞に輝いたものの、投球回数はわずか55回3分の1だった。そんな松坂を、西武はなぜ獲ったのか?

「今季、松坂は2試合しか登板しませんでしたが、中日は契約更新を望んでおり、退団は自らの意志です。松坂は、ソフトバンクをクビになった時に声をかけてくれた森繁和とデニー友利が中日を去るため、『僕もいちゃいけないと思った』と語りましたが、西武はこれまで、工藤公康、松井稼頭央など、一度はチームを出た功労者を最後に引き取っており、松坂の西武復帰も既定路線だったのでしょう。メジャー移籍時に西武球団には60億円もの移籍金が入っており、今の西武ドームは“松坂マネー”で改修されたようなものですから、最後の花道はウチで、と話が丸く収まった格好です」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、今季の松坂の年俸は推定8,000万円。来季は大幅ダウンするのは確実だが、そこまで面倒を見る必要があるのか。

「中日が松坂を獲得した時も言われましたが、あれほどの知名度の選手が年俸2,000~3,000万円で契約できるなら、グッズの売り上げだけでも十分お釣りが来ます。しかも、西武は古巣ですから、ユニフォーム、Tシャツ、タオルなど、グッズはバンバン売れるでしょう。すでに大量発注の準備をしているんじゃないですか。ただ残念なのは、西武時代につけていた『18番』が空いていないことです。例えば10~20番台を見ると、空いているのは16番と20番で、エースナンバーの18番は多和田真三郎がつけている。といっても多和田は今年1勝ですからね……。松坂が18番を付けたら、売り上げもさらに2~3割は違うでしょうが」(前出の記者)

 一方、前出のスポーツ担当記者は、「しっかり戦力になる」と語る。

「今シーズンはリーグ優勝を果たした西武ですが、チーム防御率は昨年に続いてリーグ最下位で、投手陣の立て直しは急務です。とにかく核となる投手が見当たらず、松坂が先発ローテーションに入ってくる可能性は十分ありますし、バックには“山賊打線”と呼ばれる超強力打線がいますから、5回投げて3点ぐらいに抑えれば勝ち星も転がり込んでくるでしょう。ライオンズに戻るのは、いい判断だったんじゃないでしょうか」(前出の記者)

 平成の怪物が令和の時代に“おっさんの星”になるのも、夢ではなさそうだ。

最終更新:2019/11/15 22:22

松坂大輔が古巣復帰、“不良債権”を買い取った西武ライオンズがはじくソロバン勘定のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

『i 新聞記者』森達也がぶっちゃけ

 国境なき記者団が発表する世界180カ国・地域を対象とした「報道の自由度ランキング」...
写真