日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 熱血!”文化系”スポーツ部  > 日刊スポーツがスベリまくり!
熱血!”文化系”スポーツ部

ラップ調、ニックネーム……日刊スポーツ「侍ジャパン記事」がスベリまくり!

文=オグマナオト

写真:AFP/アフロ

 4年に一度のラグビーW杯の次は、4年に一度の野球最強国決定戦「世界野球プレミア12」。開幕戦での薄氷を踏むような勝利に、思わず「大丈夫!?」と不安になった侍ジャパンだが、2戦目は危なげなく完勝。無事、2次ラウンド進出を決めた。

 その裏で、「本当に大丈夫?」と心配が止まらない野球の話題があった。侍ジャパンの初戦が行われた5日、日刊スポーツがちょっと(というかだいぶ)おかしい記事を2本立て続けにアップしたのだ。

▼「侍開幕投手の山口俊、Free Styleでかます」
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911050000007.html

 大事な大事な開幕戦に挑もうという日本の背番号18・山口俊の話題について、「独断と偏見で、勝手にラップ調で、ぶちかましてみました。行くぜ、東京、つかむぜ、頂上」と、まさかのラップ調で記事に仕立てたのが問題作その1。

 直前の強化試合において、投手陣で唯一打ち込まれたのが山口。だからこそ、ファンからすれば「調子はどうだ?」「調整はうまくいっているのか?」と不安になるところ。だが、そんな「選手の最新情報」を伝えようという気概も感じない記事構成に愕然とするばかり。

 しかも、オチで用意されていた文言は、「防ぐぜ、インベーダー。You Know? 俺が日の丸ディフェンダーだ」……いやいや、野球で「ディフェンダー」は使わないでしょ!とツッコまずにはいられなかった。

 この記事、何が問題かといえば、山口の情報が伝わらないばかりか、山口自身がスベっているように感じてしまうこと。取材を受けた結果がこんな文章だったとして、次にまたメディアの取材を受けようと思ってくれるだろうか?

 そしてこのラップ記事以上の問題作が次の記事だ。

▼「侍28人/ニッカンがニックネーム付けてみました」
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911050000098.html

 大規模なスポーツイベントの際、メディアが選手に「ニックネーム」「キャッチフレーズ」をつけるのは常套手段。一方で、メディア側の“勝手につける行為”自体を嫌う層も少なくない。

 筆者自身もどちらかといえば好きではないが、「ニックネーム」「キャッチフレーズ」の必要性はわかっているつもりだ。たとえば、TBSが中継する『世界陸上』の場合、海外選手にキャッチフレーズがあったおかげで目線付けができた、というケースも確かにある。

 ただ、今回の日刊スポーツのニックネーム、これはさすがにあり得ない。全選手「コレジャナイ感」満載で、とにもかくにもダサすぎるのだ。これはもう、実際にファンの間で広めていこう、とか、今後の記事でも使っていこう、という考えもなく、ただただ炎上狙いでやったとしか思えない悪質さが垣間見える。

 文字にするのも恥ずかしいのだが……外崎修汰(西武)につけた「場所を選ばず奏でるリンゴスター」を例に見ていこう。

12

ラップ調、ニックネーム……日刊スポーツ「侍ジャパン記事」がスベリまくり!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

“青春の痛み”描く、藤井道人プロデュース作

 青臭くて、ひとりよがりで、あまちゃんで、心...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真