日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小島慶子タクシーに怒りも賛否

過剰サービスに慣れ過ぎ!? 小島慶子、タクシー運転手に怒りをあらわにするも賛否の声

小島慶子オフィシャルサイトより

 タレントでエッセイストの小島慶子が18日、自身のツイッターに投稿した内容が話題となっている。

 小島は1995年にTBSに入社し、アナウンサーとして活躍。2010年に退社して以降もタレントやコメンテーター、エッセイストとして幅広く活躍し、支持を集めている。

 そんな小島はこの日、「高齢の母と平日昼間にタクシーに乗ると返事もしない横柄な熟年男性ドライバーに当たる確率が100%近くて、東京で一人で乗るときにはこんな対応滅多にないのにここの土地柄か?と思ったが、もしかして老母と娘コンビだからなめられてんのかもと低い声でビジネスモードで喋ってみたら態度変わって激腹立…」とつづり、タクシー運転手の態度に怒りをあらわにした。

 この内容に対し、ツイッター上では「ありますあります!私もでっち上げられて遠回りされそうに」「タクシーハラスメントですね笑」「分かります。露骨な方いますよね」といった共感の声が多く寄せられている。

 しかし、一方でネット上では「それでいて話しかけてくると馴れ馴れしいとか文句言いそうだけど」「過剰サービスに慣れ過ぎ」「低い声でビジネスモードとか、意味わからない」という厳しい声も。

 普段から、歯に衣着せぬ発言で有名な小島。今回もタクシーで感じた憤りをそのまま明かしたが、ネットユーザーからは疑問の声が上がっていた。

最終更新:2019/11/21 17:55
関連キーワード

過剰サービスに慣れ過ぎ!? 小島慶子、タクシー運転手に怒りをあらわにするも賛否の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真