日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 元SMAP地上波復帰も懸念材料

2020年は大幅露出増!? 元SMAP地上波復帰も、業界内で懸念される“あの人”の口出し

文=日刊サイゾー

新しい地図

 いよいよ追い風が吹き始めたようだが……。

 元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の『新しい地図』の3人が年末から年始にかけて、地上波の番組に出演する。

 いまだ正式発表はされていないが、大晦日には『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで大晦日スペシャル 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)に出演すると目されているほか、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)の正月特番に出演が決定している。

「加えて、個々の仕事でも草なぎは元旦の『ブラタモリ』(NHK総合)正月特番にナレーターとして、稲垣は『100分deナショナリズム』(Eテレ)にMCとして出演します。来年にはパラリンピックも始まるし、各局とも彼らを使わないわけにはいかなくなるでしょう。これらの動きは今年7月に公正取引委員会がジャニーズ事務所を注意したことの影響もあると言われています」(芸能関係者)

 ジャニーズを辞めてからのテレビ露出の状況を考えれば、来年は大幅に露出増となりそうな気配だが、一方で懸念材料もあるという。

「現在、3人をまとめている元SMAPの敏腕マネージャーでもあるI氏です。タレントを売り出すプロデュース力も演出面の発想など、どれ一つ取っても圧倒的な才能を持っているんですが、才能が抜きんでているがゆえに、ついついいろいろと口をはさみすぎる所がある。ジャニーズ在籍時代なら、テレビ局側も『ハイ、ハイ』と二つ返事だったでしょうが、今は違う。さすがに、3人を使うのはいいんだけど、I氏がうるさくて』と煙たがっているテレビマンも少なくないです」(制作会社幹部)

 追い風のタイミングで、この懸念材料がどうなるか。3人が出演した番組が圧倒的な視聴率を獲得すれば、問題ないのだが、さてどうなる?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2019/12/27 12:00

2020年は大幅露出増!? 元SMAP地上波復帰も、業界内で懸念される“あの人”の口出しのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真