日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 釈由美子、元旦仕事に白けムード

釈由美子、元日からバラエティ番組出演を報告するも「泣くなら出るな」の大合唱

釈由美子オフィシャルブログ「本日も余裕しゃくしゃく」より

 女優の釈由美子が、自身のブログで年末年始の仕事事情について明かした。

 1日放送の『第53回 新春!爆笑ヒットパレード2020』(フジテレビ系)に出演した釈。放送後に自身のブログを更新し、「あけましておめでとうございます」と挨拶しつつ、仕事初めに生放送の本番組に出演したことを報告。「4時半にはテレビ局入りしてたので3時起きでほとんど寝てません」と赤裸々な事情をぼやいていた。

 現在、ひとり息子の母である釈だが、「新年からお仕事を頂いて働かせてもらえるなんてありがたいです」としつつ、放送内で披露したラガーシャツ姿の自身の写真を披露。「息子も寝起きでテレビを見てびっくりしたことでしょう」とボヤき、「母ちゃん、体張って頑張ってるよ」と息子に呼びかけていた。

 しかし、この投稿にネットからは、「バラエティに別に釈由美子とかいらない、泣くとか白けるし」「頑張ってるのはわかるんだけど、泣くほど嫌ならバラエティー出ないほうがいいのでは?」「泣くくらいなら元旦から出なきゃいいのに」という厳しい声が集まっていた。

 実は番組内で行われた「ムービングゴールキック」というゲーム企画の際、罰ゲームの電気ショックに脅えて号泣していた釈。「ぶりっ子」などと不快感を覚えた視聴者も少なくなかっただけに、このエントリーに多くの失笑が集まってしまったようだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/01/05 07:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed