日刊サイゾー トップ > 社会 > 事件  > 下地議員の謝罪会見は司法取引か

中国マネーによる「IR疑獄」、維新離党の下地議員の謝罪会見は特捜部との“司法取引”か

文=日刊サイゾー

イメージ画像

 秋元司・元内閣府副大臣の逮捕で幕引きと思われた、東京地検特捜部が手掛けるIR汚職事件。

 1月6日、日本維新の会の下地幹郎衆院議員が記者会見を開き、贈賄側の中国企業「500ドットコム」顧問から100万円を受け取っていたことを認めた。下地氏は離党に至ったが、「疑獄」は広がりを見せている。

「この元日、同社から秋元氏だけでなく、5人の現職国会議員に100万円ずつ渡っていたとの供述が得られていたことが発覚。うち4人はいずれも受け取りを否定しましたが、下地氏だけは『調査中』とメディアの取材から逃げていました。下地氏が認めたことで、他の4人のコメントが疑わしいものとなっています」(司法担当記者)

 下地氏の5日間にもわたった「調査」は、収支報告書がいかに適当なものかを認めているに等しいが、どうやらそれだけではなさそうだ。

「特捜部と”握った”と見られています。要は捜査に全面的に協力するかわりに、自身の立件を見逃してくれという司法取引です。政治資金規正法違反(不記載)なら刑期満了から5年、収賄なら10年公民権停止となり、今58歳の下地氏とすれば、政治生命が終わってしまいます。100万円の贈賄について信憑性が出たことは、特捜部への”貸し”になり、捜査は進展するでしょう。実際、下地氏の記者会見翌日の7日、5人のうちの1人、船橋利実衆院議員が、同社とIR事業を計画していた観光会社幹部から100万円の寄付を受けていたことを認めました」(同前)

 これに真っ青なのが日本維新の会である。

 下地氏は党政調会長を務めた幹部。維新代表の松井一郎・大阪市長は秋元氏が逮捕された際、「お金に困った国会議員が、自らの権力を過大偽装したオレオレ詐欺」と言い放ったが、盛大なブーメランを食らったことになる。

 維新は8日、下地氏を除名処分とし、議員辞職を勧告することを決めて火消しをはかったが、それは大阪府や大阪市がIRに前のめりだからに他ならない。「下地は沖縄の人。大阪とは関係ない」とのポーズを取ったわけだ。だが下地氏は議員辞職する気はなさそうだ。

「何しろ2012年、国民新党代表の亀井静香衆院議員(当時)を追い出してまで連立与党に残り、郵政民営化担当相のポストを手にした男ですからね。百戦錬磨の下地氏が、維新幹部の言いなりになるはずがない。辞職するとすれば、特捜部との交渉次第でしょう。いずれ下地氏は自民党に行きたいはず」(地元記者)

国会議員は国会会期中は逮捕されない「不逮捕特権」がある。通常国会開幕の1月20日まで、疑惑の国会議員たちは眠れない日々を送ることになる。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/01/09 12:12

中国マネーによる「IR疑獄」、維新離党の下地議員の謝罪会見は特捜部との“司法取引”かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

新しい地図、地上波復帰ラッシュなるか!?

年末年始特番で話題をかっさらった3人、地上波復帰ラッシュは近い?
写真
人気連載

成田凌の取材態度が悪すぎ?

 目覚ましい活躍が続く俳優・成田凌。人気シリ...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政の実弟が激白

 事件は1981年6月11日に起きた。パリに留学中だった佐川一政は、好意を抱いて...
写真