日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 篠原涼子、ハケン2復活も不安

篠原涼子『ハケンの品格2』復活も堺雅人、キムタク、織田裕二に蹴散らされる!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

篠原涼子

 各局が「大物」を揃えて勝負をかける、4月期ドラマの視聴率争奪戦が今から楽しみだ。

 今年は東京五輪の関係で7月期はドラマ枠をつぶす局もあり、4月期は「絶対に負けられない」ラインナップが並ぶ。

「フジは織田裕二主演の『SUITS2』、テレ朝は木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』、TBSは堺雅人主演の『半沢直樹』、日テレは篠原涼子主演の『ハケンの品格』と、いずれもヒット作の続編もの。パート1の数字から見れば『半沢』『ハケン』『BG』、『SUITS』の順になりますが、続編もこの序列のままとは限りません」(テレビ誌ライター)

  その中でも、最も危ういのが篠原涼子だという。07年に放送された『ハケンの品格』は平均視聴率20%超えを果たしているが……。

「篠原は2006年からシリーズ化されたドラマ『アンフェア』(フジテレビ系)のヒットで主演女優の座を確立。しかし、近年は15年の『オトナ女子』(フジテレビ系)、17年のフジ月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』が大爆死しています。そのため、もし今作もコケれば、『主演女優』廃業となってしまう可能性もあります」(前出・テレビ誌ライター)

 また、『ハケンの品格』には、別の不安要素もあるようだ。

「昨年10月期に放送された阿部寛主演のヒット作『結婚できない男』の続編である『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)は、視聴率1桁と大コケ。前作から13年と間が空いたことで視聴者が離れてしまっていた。『ハケン』も同じく13年ぶりで、『SUITS』『BG』が2年ぶり、『半沢』は7年ぶりなのと比べるとハンデになるでしょうね」(テレビ関係者)

 篠原は「主演女優」を続けられるだろうか。

最終更新:2020/01/14 17:13

篠原涼子『ハケンの品格2』復活も堺雅人、キムタク、織田裕二に蹴散らされる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真